IRSの宣言でトーナメントレポートの条件が明らかに

IRSの宣言でトーナメントレポートの条件が明らかに 0001

多くのポーカーに関するニュースによると、$5,000以上のトーナメント賞金にかかる税金を抑えることに関係した大きな変化が起こりそうだと報じる中、IRS広報室は賞金から源泉徴収する条件を発表した。

適正なIDと納税者コード(アメリカでは社会保障番号)を持つプレーヤーは、いかなるトーナメントの賞金にも源泉徴収の対象とならない。プレーヤーはW2-Gフォームを主催するカジノから受け取り、確定申告の際に賞金獲得の旨を報告することが義務付けられる。トーナメント側が定められた税金のための証拠書類を作成しなかったとしても、プレーヤーはやはり賞金獲得を報告する必要がある。もしプレーヤーが賞金獲得の際に適切なIDを提供するのを怠ると、カジノは連邦税を28%で差し引くことが求められる。この差し引きはプレーヤーの所得税にも適応され、確定申告の際に収入額や税負担額によって払い戻される。プレーヤーにとっては、これは今までもあったことであるし少なくともそうであるべき事柄だ。

IRSのルールにもっとも影響を受けるのはトーナメントスポンサーらだろう。今まではトーナメントがIRSに報告するときもW-2Gを提出するときもその方法には幅広い解釈があった。

IRS広報室によると、「2007年と2008年3月4日までに終わるトーナメントでは、カジノや他のスポンサーは賞金の行方をIRSに報告したり、賞金から税を差し引いたりしなくてもよい。しかし、2008年3月4日からはすべてのトーナメントスポンサーに$5000を超える賞金についてはW-2G書類でIRSに報告することを求めている。」最も大きな変化はIRSがルールを強化した方法にある。トーナメントスポンサーが$5000を超える賞金について報告や適正な納税者コードを持たないプレーヤーからの税金の差し引きを怠ると、カジノ側は連邦税を25%で払わなければならない。

多くの面で、ポーカートーナメントに関する新しいIRSの要求は今までのものと変わらない。本当の変化は報告や税の源泉徴収を怠ったカジノに対する経済的な負担を課したことである。税の深刻さや源泉徴収に関するルールーは変わっていないが、カジノの経済的な理由によってプレーヤーはより多くのW-2G書類を受け取ることになるだろう。

More Stories

どう思われますか?