ラスベガスのカジノがParty Gamingを買収?

ラスベガスのカジノがParty Gamingを買収? 0001

Party Pokerはアメリカの観客とまた手を結ぶようだ。これはラスベガスのカジノに買収される準備ができたという今日のニュースでわかった。経営責任者のMitch GarberはEIG 2007 i-Gaming委員会のインタビューで、「我々はラスベガスの有名プレーヤーからの連絡を楽しみにしている」と述べた。

特定のカジノが彼らと取引を開始しているという情報はまだない。アナリストらはもっとも有力なのはBellagioとMirageだという。「オンラインゲームは最近アメリカで禁止されている。しかしPartyGamingはEUの規定でオンラインゲームが許可されているイギリスの会社である。」と、あるアナリストは昨日FIancial Timesの記事で述べた。

Party PokerはUnlawful Internet Gambling Enforcement Act (UIGEA)が発表されたのちにアメリカのマーケットから手を引いた。彼らの株価は急激に落ち、専門家らは倒産するだろうと思っていた。しかし彼らはヨーロッパとアジアのマーケットに働きかけることですばらしい起死回生を見せた。

過去の報告を見ると888.comはPartyGamingを買収する流れもあったのだが、今この交渉はアメリカに持ち込まれ、Party Pokerはまた国際的に強力になろうとしている。

問題はラスベガスのカジノがアメリカとそれ以外のオンラインポーカーのために何をしなければならないかと言うことだ。Party Pokerはヨーロッパでどんな変身を遂げるのか、さらにそれがアメリカのオンラインゲームやUIGEAにどのような影響を与えるのかは面白い問題だ。

More Stories

どう思われますか?