Bodog法律上の戦いは最終ラウンドに

Bodog法律上の戦いは最終ラウンドに 0001

Bodogと1st Technologies LLCの法律上の戦いを評価するなら、このラウンドは引き分けと言えるだろう。火曜日、Bodogは1st Technologiesが提出した特許権侵害に関する訴訟に対抗すべく最新の作戦を従えて法廷に向かった。Bodogが法廷に現れなかったために、これまでの戦いは1st Technologyに軍配が上がっていた。裁判官は原告側に出頭不履行でおよそ49百万ドルを与えることに決めた。

今週の動きを見ると、Bodogはこの不利な判決を逆転させようとしているようだ。一方1st TechnologiesはBodogに対してアメリカと新しいURLであるBodoglife.comでの営業の永久禁止命令を求める方針である。現時点では両者とも目標を達成していない。

Bodogは出頭不履行に関連して控訴する予定で、オーナーのCalvin Ayreは次のように述べた。「本当にいいニュースは1年前のコスタリカ法によってこの会社の財産がゼロなことだ。だから我々のCRの友人たちはこの判決で何を失う心配も無いのだ。」

Bodogは、裁判官が1st technologiesが永久禁止令を求めたのは適当でないとしたことに喜んでいる。しかしAyreはまださらに大きな法的挑戦を求めるつもりだといっている。「避けられない控訴に加え、我々はこの大きな問題がアメリカで法的に正しい判断が下されることを示したいと思っている。今回の裁判は歴史上初めてアメリカ以外の会社が、アメリカで何の取引も財産も持っていないにも関わらず、ドメイン名を裁判のために差し押さえられた始めてのケースなのだから」

More Stories

どう思われますか?