スウェーデンのSvenska Spel、 困難な状況に陥る

スウェーデンのSvenska Spel、 困難な状況に陥る 0001

スウェーデンの公式ギャンブル経営を制御する国営の組織Svenska Spelは、オンライン・ギャンブルに関してヨーロッパ連合と争っている中、ヨーロッパのポーカー市場で競争をしようとしたが、予想以上に厳しく想像していた通りにはいかなかった。

フランスと同じく、スウェーデンは行き詰まりになっているEU加盟国の1つだ。その理由は、スウェーデンには市場に海外の個人の会社がサービスを売り出す事を許容する国際機関があるからだ。また、フランスのようにスウェーデンは政府の収入源の多くを占める、政府所有の独占企業(Svenska Spel)がある。

この数ヶ月、スウェーデンの独占企業はEU職員のターゲットとなっている。スウェーデンからの反論は、独占企業は国民をギャンブルの悪い影響から保護しているという主張だった。しかし、スウェーデンには過保護国家法律に対して法律が存在するのだ。このような事から、今回のスウェーデンからの主張は単なる延着戦術として広く見なされた。

現在のSvenska Spelの状況ははっきりしないかもしれないが、短期間で見れば、Svenska Spelの主張が正しい。ヨーロッパレポートには、Svenska Spelは政府援助を引き下げ、サービスをオンラインギャンブルに拡張したと示されている。これはクレームに対して、本当に市民利益を保護している事を証明する為の努力だろう。Svenska Spelがどのように拡大しようが、ヨーロッパ裁判の論争において、スウェーデン政府に害を与えるだろう。つまり、EUの件が解決されるまで、Svenska Spelはサービスの提供はできないだろう。

関連するニュースでは、スウェーデンの賭博委員会のLotteriinspektionenは、最近スウェーデンでの非合法的なポーカークラブを積極的に調査する事を発表した。初期の報告には、現在約100個のポーカークラブがスウェーデンにあると示されていた。

More Stories

どう思われますか?