米国当局、UIGEAを履行する計画を発表

米国当局、UIGEAを履行する計画を発表 0001

昨日、アメリカの国家財政委員会部と連邦準備制度理事会は、インターネットギャンブル禁止法(UIGEA)を履行する計画を発表した。この法案は、顧客と海外インターネットギャンブルのサイトの取引を銀行と金融機関が処理する事を違法にする為のものだ。

今回も、この法案によってポーカーコミュニティーにどのような影響を与えるかははっきりしておらず、現在何もまだ変化していない。公衆がUIGEAに対するフィードバックをしなければならないという政府手順の為、銀行が新しい規則に従う必要は来年まで無いだろう。国家財務委員会と連邦準備制度理事会は、12月12日までの間に協議を続ける予定だ。

その後、米国政府はおよそ180日かけてフィードバックを読む作業を行う。これは公衆の意見を取り入れて法案の詳細を変える為である。そして、ようやくUIGEAが実施されることになる。つまり、アメリカのポーカープレーヤーは少なくとも9ヶ月間は自由にプレーできるということだ。

まだ、どの賭け事が不法であるか、そしてポーカーに対しどのような規制が科せられるかは明らかではない。UIGEAはギャンブル・コミュニティー以外からも多くの批判を受けている。米国の国会議員Barney FrankはUIGEAを排除する法案を提出し、現在、インターアクティブ・メディア・エンターテイメント&賭博協会(IMEGA)が法廷で、UIGEAを違憲に値することを主張している。

追記: Everest Pokerに参加し、自由にインターネットでポーカーをしよう。

More Stories

どう思われますか?