交渉成立?不成立?;アメリカとEUがオンラインギャンブル賠償問題で激論交わす

 0001

2007年6月、ヨーロッパ連合はアメリカのオンラインギャンブル規正法に基づいてアメリカから貿易関連の賠償を求めることを発表した。今週、アメリカとEUの賠償交渉は滞ってしまった。金曜にはアメリカがEU側に対して提案をしたが、「不十分である」として即座に拒否されてしまった。

2003年にアンティグアとバーブーダは世界貿易機関(WTO)と共にアメリカのインターネットギャンブル規正法が貿易における取り決めに違反するとして議論を申し込んだ。小さな島の蝶の羽根が羽ばたくように弱弱しく始まったこの議論は、国際的なハリケーンにまで発展し、今ではアメリカに対し賠償金を要求している。今年の初め、WTOがアンティグアの主張を受けて判定すると、アメリカはWTOを交わした無償貿易サービスの取り決めをギャンブル産業から除くことで報復をした。アメリカの撤退でWTOのメンバーはアメリカのギャンブル市場に一致する賠償金(1000億ドル相当)を求めることができるようになった。この要求による分け前は、PartyGamingやSportingbetといった世界最大級のオンラインゲーム会社の本拠地であるEUから来ると期待されている。

EUはアメリカから金銭的な賠償を求めないということを明らかにしている。EUのある職員は「もし賠償がされるのならそれは現金ではなく、アメリカがそのサービス産業を開放、または一部(たとえば保険業など)をヨーロッパだけでなくWTOのルールにのっとって他の国にも開放することだ。」と述べた。しかし産業の譲渡はまたアメリカに何十億という金をもたらすだろう。EUが考えている策にはよりコストの低いものもある。2007年にRep. Barney Frank (D-MA)によって紹介された「インターネットギャンブル規制およびその実施に関する法令」のように、もしアメリカがオンラインギャンブル規正法をライセンスのおりた規制済みの多国籍企業には適応しないならば、アメリカは安くこの産業から撤退することになるかもしれない。

More Stories

どう思われますか?