女性ポーカースポットライト - Jan Fisher

女性ポーカースポットライト - Jan Fisher 0001

私がJanに初めて会ったのは5年前、女性のポーカーを支援・活動し始めたときだった。そのときから、Janと私はポーカーを通して友人となった。控えめだがポーカー界全体の改善にかけての貢献はとても積極的で、彼女はポーカー産業のもっとも劇的な変化にいくつか手を貸している。Janはポーカーに関わり名声を手に入れキャリアを積んだ。

Janは1977年ラスベガスの古いダウンタウンでディーラーとして活動し始めたとき、ポーカーに完璧さを求めた。ディーラーの経験によって彼女はプロとしてポーカーで食べていくこととなる。Card Player Cruisesにディーラー兼フロアスーパーバイザーとして参加したことで、また新たなチャンスをつかんだ。その直後にLinda JohnsonがCard Player Magazineと クルーズビジネスを買って

表舞台に上がってきた。LindaとJanはすぐに友人となり、Card player Cruisesでビジネスパートナーとなる。今日そのビジネスはこのすばらしい女性の導きによって花開いた。

長年続いた強い友人としての絆からLindaとJanは多くのポーカープロジェクトを成功させ、長年にわたってビジネス関係を築いてきた。Janの主なプロジェクトといえばTournament Directors Association(TDA)である。Janは次のように説明する。「私のポーカー産業の功績として覚えておいてほしいことがあるとすれば、それはトーナメントに参加するプレーヤーに対する一貫したガイドラインの仕組みを作ったことです。私は皆さんにルールを知ってもらい、すべてのトーナメントで同じルールであると認識してもらった上で気持ちよくプレーしてもらいたいのです。」

Janの大忙しな人生のもうひとつの側面は、WPTの充実のために働いたことだ。それは退屈な仕事だったがしかし非常に重要なことでもあった。JanはWPTすべてのイベントのファイナルテーブルでプレーされてすべてのハンドを詳細に記録したのだ。WPTとのかかわりはこれに納まらず、彼女はインストラクターとしてWPTブートキャンプのいくつかのセッションに通年で参加する。TDAにもWPTにも関わっていないときは、カジノでのチャリティー活動や女性限定イベントのセミナー・オープンセミナーなどを指揮している。Janは言う「女性にポーカーの扉を開くのはとても重要なことです。女性にプレーする環境を快適に感じてほしいのです。教えることはポーカーコミュニティに対して私のできることのひとつではありますが、私は誰かがポーカーキャリアの次のステップに踏み出すことを支援したいと願っています。」

様々な開催地でよくJanにホストまたはインストラクターを務めてもらえないかと要望や質問が来る。そのうちのひとつが毎年恒例となったJapanese Poker Championshipだ。これは日本では唯一のイベントだけに、Janにとって非常に特別なものだ。イベントには賞品しかないのだが(日本ではギャンブルが禁止されている為)、ポーカーへのドアは開けている。Janは言う。「他の国で私がポーカーの成長の原動力になれるなら、私は何だってやるつもりです。このイベントは面白いしとても満足できます。」

ポーカーへの貢献はJanの毎日の生活に欠かせないものだ。彼女は最近Poker Player Magazineにコラムを書き、またPoker Players Allianceのメンバーらに時間を割いてポーカーの合法化を広げる活動をしている。「Poker Players Allianceの700,000人の声はオンラインポーカーの変化に影響を与えることができると強く感じています。大人数にはそれだけパワーがありますから、これはひとつの解決策になると思います。」

Janが長年私に話してくれたことを思い出し、今回のインタビューをしてことで私は本当に彼女がすばらしい女性であることに気づいた。彼女は多くの友人を持ち、よりよいポーカーを目指す勤勉なビジネスウーマンである。私はJanに彼女が亡くなる時人々はどんなポーカーにおける功績を思い出すだろうかと質問した。彼女は謙虚にこう答えた。「私が過去30年以上ポーカーに尽くしてきたことを覚えていてくれるといいです。私は誠実で勤勉なポーカー産業を維持するために一生懸命活動してきましたから。」

私はなぜJanが多くのポーカー産業に影響を与えた人物の中で人気があるのかわかる。彼女の完璧さが成功の秘訣なのだ。

More Stories

どう思われますか?