女性のポーカースポットライト- Linda Johnson

女性のポーカースポットライト- Linda Johnson 0001

ポーカーのファーストレディと言われるLinda Johnsonは一流のビジネスウーマンとしてもその名が知られている。今回、私はラスベガスのLindaの新居を訪ね、彼女の数々の業績とポーカー業界についてインタビューを試みた。

彼女がポーカープレーヤーになろうと決心したのは、25年前。そしてその間、ずっとポーカーの世界で生きている。Lindaの自宅はこれまでのポーカー界で築いてきた功績でいっぱいだった。賞、垂れ幕、トロフィー、そしてLindaを物語る写真がたくさん飾られ、それらはいかにポーカーが彼女の人生を色づけてきたかをあらわしていた。

1980年、Lindaはポーカーが自分を呼んでいると感じ、プロのポーカープレーヤーになりたいと強く思った。時間の許す限りポーカーをプレーするようになり、間もなくして、ポーカーで生きていけるようになる、Lindaのポーカーキャリアでの最初の転機は、Card Player Cruiseであった。非常に楽しんだLindaはこんな楽しいことは逃せない、と思い、ポーカークルーズ業界で働くチャンスはないかと調べ始めた。この頃、 Card Player Magazineが売りに出されていることを耳にする。アグレッシブに動いたLindaは友人を何人か集め、会社を設立、1993年にこの雑誌を買収した。それから7年間、Lindaは編集長として時間を惜しむことなく働き、雑誌を有名に、そして広めていったのだった。しかし、雑誌出版に費やす時間が増えるにつれ、大好きなポーカーをする時間が削られた。そして2000年に出版業から手を引くことになる。しかし、ポーカークルーズのビジネスには愛着があったため、Card Player Cruiseビジネスを雑誌と切り離し、Lindaとパートナーは世界中を旅しポーカーを続けることを可能にした。現在もCard Player Cruiseは続いており、多くのエキゾチックな場所を訪ね、参加者は船上でのポーカープレーを楽しんでいる。2001年のコスタリカへの旅で、Linda、Mike Sexton、Steve LipscombはWorld Poker Tourのアイデアを持ち出した。出資者(Lyle Burman)が加えられると、LindaとMikeはWPTスタッフとして迎えられることとなる。Lindaは、現在シーズン5を迎えたWPTのフロアアナウンサーとして活躍、誇りを持ってこの仕事を楽しんでいる。Lindaに今までのビジネスベンチャーで最も楽しんでいるものは何かと尋ねてみた。一つは、教えることと言う。彼女はJan Fisherと共に、レディースイベントだけでなく、様々なイベントに足を運び、ポーカーを広め、基礎から戦略プランまで、全レベルのポーカーを教えている。もう一つはWPTと関連した場所で、1年に平均8つのWPTブートキャンプで教えている。

Card Player Cruiseが行った最大規模のイベントの中に、Party Poker Millionクルーズがある。Party Pokerがアメリカのマーケットから手を引くまで、4度開催された。PartyPoker.comの創立者でもオーナーでもないLindaだが、正しいときに正しい場所に居合わせ、自身のビジネスを利用することを可能にしてきたのだ。また、LindaはPoker Players Allianceに参加、自身のポーカーに関する知識を使って、プレーヤーの権利のサポートを行っている。これは、オンラインを含む全ての場所でポーカープレーを可能にするプロジェクトによるものだ。もう一つのプロジェクトはJan Fisher、Dave Lamb、Matt Savageら友人と2000年にTournament Directors Associationを設立した。初年度は12名のトーナメントディレクターだったものの、次の年のセミナーには200名ものトーナメントディレクターが参加、ルールの統一化、全てのトーナメントポーカールームのガイドライン作成に携わった。今年はTDAにとって最高の1年で、TDAルールに則っていなかったポーカールームがついにTDAに参加したのだった。国中でトーナメントルールが統一されることにより、プレーヤーのルールの順守、全員に公平なレベルでゲームが進むことになるのだ。

トーナメントの主催やトーナメントディレクターの依頼も耐えない。例えば、Phillipines Poker Openなど、別の世界にポーカーを広める仕事ともなると、どうしても断れない、という。チャリティイベントやセミナーだけでも多忙のLindaだが、当分、休みはないようだ。

長年のポーカーキャリアで最高のものは?と尋ねると、満面の笑みで「もちろん、WSOPブレスレットよ」と答えてくれた。

1997年の$1,500ラズイベントでブレスレットを獲得したLinda。「そろそろ、2つ目の時期でしょうか?」と尋ねると、

「そうね。時間ができて、WSOPでプレーできるようになったら、かしら」と微笑んだ。

More Stories

関連トーナメント

どう思われますか?