ポーカー界の伝説David 'Chip' Reese56歳にて死去

ポーカー界の伝説David 'Chip' Reese56歳にて死去 0001

3回のWSOPブレスレット獲得者であり伝説的なキャッシュゲームプレーヤーでもあるDavid "Chip" Reese(56歳)が4日に亡くなったというニュースが広がると、ポーカー界はショックと哀悼でわいた。ポーカー界での彼の独走態勢は1991年に最年少で、普通ならば一生をかけて成し遂げるような名誉であるPoker Hall of Fameに仲間入りした。

Dartmouth Collegeを卒業した後、Reeseは秋からStanford Business Schoolに通う予定でラスベガスに向かった。しかし夏のうちにReeseはトーナメントで$40,000を勝ち取り、バンクロールを$100,000以上にまで増やし、その後大学院に進むことはなかった。1978年、Chip Reeseは初のWSOPブレスレットをセブンカードスタッドスプリットイベントで獲得した。1982年、Reeseはもう一つWSOPブレースレットを$5000セブンカードスタッドイベントで獲得。Super/SystemでDoyle BrunsonがReeseを「今まで共にプレーした中で最も優れたセブンカードスタッドプレーヤーだ」と述べている。

Reeseはトーナメントに費やす時間は少なく、主にキャッシュゲームをプレーし、Bellagioでは常連の「大物」だった。彼はまたスポーツベットをすることで有名で、優れたバスケットボール予想屋だと言われていた。

2006年World Series of Pokerが初めて$50,000 H.O.R.S.E.を目玉に用意した。プロのプレーヤーにとっては、このイベントはオールラウンドなプレーヤーのスキルに対する究極のテストであり、ブレスレットは多額のチップを持ったプロらにチャンピオンシップイベントよりも待ち望まれていた。堂々たる7時間のプレーの後、Andy BlochとのヘッズアップでChip Reeseは1700万ドルを勝ち取り、彼にとって3番目の、最後のWSOPブレースレットを受け取った。

Mike SextonはReeseの早すぎる死を聞き、このように述べている。「Chip Reeseはあそらく歴史上最も成功したポーカープレーヤーだろう。彼はまたPoker Hall of Fameに最年少で入ったプレーヤーで、またそれに値する人物だった。長年多くのプレーヤーがChipを最も優れたオールラウンドプレーヤーであると思っているし、2006年WSOPの初めての$50,000 buy-in HORSEトーナメントを勝ったことで、彼はその地位を確立した。Chipは一度も激怒したり口論になったりすることはなく、他のプレーヤーからも人柄、そしてその成功を賞賛されていた。」

Sextonは続ける。「ポーカーの偉人について話す時には、Chip Reeseをリストの一番上にしてほしい」

More Stories

関連プレイヤー

どう思われますか?