PartyGaming最高責任者、Barry Carter社のシェアを増やす

PartyGaming最高責任者、Barry Carter社のシェアを増やす 0001

Party Pokerの幹部は問題を抱えているポーカールームの将来のために投資家を再保障しようと行動をとった。PartyGamingの最高責任者のMitch Garberは株を売却するという彼の前の計画を中止し、代わりに350万のシェアを取ることを決めた。

彼は12月19日から31日にかけて株を売る予定をしていたが、彼は現在 Party Pokerの875万株を所有している。これは最高責任者が所持する義務のあるシェアの2倍以上にもなる。

たいてい最高責任者は、企業がお金を稼ぐかは別として株の売却を望んでいる。これは彼がPartyGamingの未来をどう見るかに関する非常に大胆な発言である。PartyGamingが個人に売却されて米国市場にて再びシェアが売られるという多くの思惑があった。もしこれが本当であるならば、Garberは多くのお金を稼ぐことになる。

もしくは、米国の法律が元に戻り米国でParty Pokerが営業できるようになれば、PartyGamingのシェアは急上昇するだろう。

Party PokerはUIGEAによって最初に禁止され米国市場から手を引いたオンラインギャンブルのオペレーターだった。多くの人はParty Pokerが1年も経たないうちに破産すると予想していたが、彼らは再び間違っていたことをParty Pokerに証明させられた。

今回のニュースはParty Pokerの投資家と米国のポーカールームのファンにとって、とても心強いものとなるだろう。もしかすると、これはParty Pokerが再びポーカー産業でトップをつかみとるスタートとなるかもしれない。

More Stories

どう思われますか?