GCがイギリス経営者に海外イベントへの賞金禁止

GCがイギリス経営者に海外イベントへの賞金禁止 0001

先週イギリスのギャンブルライセンスはイギリスギャンブル委員会から、委員会が同意したエリアリスト以外の場所で行なわれたイベントに賞金を提供することを禁止された。これはポーカー界、イギリス以外でサテライトなどを持っているイギリスの経営者にとって大きな衝撃である。非イギリス公認イベントを勧めることになるため、外国の地で賞金を提供することは2005ギャンブル法違反となる。

ギャンブル法331項では、宝くじ以外の海外ギャンブルを宣伝すると違反を犯したことになる。この規則は以前どの企業がテレビで宣伝できるのかを区別するために使われていたが、今では広報の直接的な形式についてではない。

「海外トーナメントがヨーロッパ・ジブラルタルなどリストに記載されている経済域に拠点にしていない限り、広告は海外ギャンブルの広告と言うことになりそうだ。そしてそれは2005年ギャンブル法331項の違反となってしまう。」と委員会は述べた。

これがオンラインプレーヤーにどんな影響を与えるのかはまだわからない。今でこそEPTやWSOP、Aussie Millionsオンラインのシートを勝ち取ることができるが、多くのポーカールームがイギリス外を拠点としておりイギリスギャンブル法に直接は関連ないものの近い将来これに基づく宣言が出されるかもしれない。

これはWSOPなどのイベントにサテライトを提供しているポーカールームにも大きな影響を与えるだろう。他に影響を受ける経営者といえば、海外のリーグ戦で優勝賞品として多くがWSOPのシート与えているパブポーカー産業だろう。

2005年ギャンブル法331項を違反した人は、51週間までの禁固刑と罰金に直面することになるかもしれない。

More Stories

どう思われますか?