冬の不況だって?ポーカープレーヤーなら関係ない!

冬の不況だって?ポーカープレーヤーなら関係ない! 0001

この時期が一年で最も不況になる期間だと、経済専門家は言うだろう。気候は悪く、クリスマスの負債もあり、新年の抱負も忘れ始める頃だ。しかし、オンラインポーカーコミュニティーはいつもと変わらない。先週の日曜日も有名なポーカールームでは画期的な日となった。週末に開催された全ての大きなトーナメントでは、多くのプレーヤーが参加した事によって、保証されていた金額を大幅に超えた。どのポーカールームも、プレーヤー参加率がいつもより高かったそうだ。

PokerStars Sunday Millionには7520プレーヤーと、いつも通り多くの人が参加し、1080プレーヤーが賞金を獲得した。100万ドルの賞金保証額は容易に超え、合計賞金150万4千ドルにも上り、優勝賞金は21万ドルとなった。Pokerscoutによると、一番プレーヤーの多い時間帯で23790人のプレーヤーがテーブルでプレーしていたそうだ。

週末で最も金額の高かった優勝賞金額は、Full Tiltの100万ドル保証トーナメントの20万6564ドルだった。2252プレーヤーが$550を払い、合計112万6千ドルの賞金が集められ、351人のプレーヤーがバブルになるのを逃れた。最もプレーヤーの多いピークの時間帯で、10,321プレーヤーがリアルマネーのテーブルでプレーしていた。

Party Pokerはアメリカ市場と関係を持っていないにも関わらず、大規模なポーカールームであることを証明した。PartyPokerのピークの時間帯の人数は10784人に上り、Full Tiltよりも多い人数のプレーヤーが参加していた。34万ドルギャランティーのMTTは1735人のプレーヤーを集め、合計賞金は34万7千ドル、優勝賞金6万7千ドルとなった。

したがって、一年で最も不況な時期はオンラインポーカーの利益に関係あるだろうか?確かに、私たちがプレーするカードゲームは冬の不況を忘れる要素であり、これからも毎週参加人数は増えていくかもしれない。また、もしあなたが運よく150万ドルの賞金の一部を獲得できたのならば、この寒い冬の夜は、夏の休暇のように思えてくるかもしれない。

More Stories

どう思われますか?