カリフォルニア法案:オンラインポーカーを合法に

カリフォルニア法案:オンラインポーカーを合法に 0001

下院議員Lloyd Levine(D-Van Nuys)はカリフォルニア州内でのオンラインポーカーの合法性を検討する法案をカリフォルニアに提出した。この法案はUIGEAの法的規制の範囲内でカリフォルニアが州内でオンラインポーカーを設立し規制する潜在的な力があるかどうかを評価するように作られている。「我々はこの法案をプレーヤーと(オンラインゲームを主催する)サーバーがカリフォルニアにある限り、合法であるということだと理解している。」とLevineは述べた。「しかし、これは我々が調査しようとしていることだ。」

法案AB2026が通過し州内でのオンラインポーカーの枠組みが合法と決まったら、カリフォルニアだけでなくほかの州やインディアン地域にも同様に扉を開くこととなる。B&Mカードルームの経営者から、州から、またはカリフォルニアのみのインフラ整備をしたと考えている現存のオンライン経営者からなど、どこからカリフォルニア未来の経営者が出るかはまだわからない。Levineは結果を出す産業の性質はあまり気にしておらず、限られた法的な枠内でオンラインポーカーを実行できる可能性により感心を向けている。「規制はされるだろう」Levineは述べた。「我々はこの州がどうなるかはわからないが、規制されたものになるだろう。」

この法案はPoker Players of America (PPOA)と呼ばれる団体に支持されている。PPOAのウェブサイトでは組織の創始者は「経験ある政治の専門家でポーカーもプレーする人物」とだけ示されている。ウェブサイトのドメイン名はNancy Toddとされており、政治コンサルタントでロサンゼルス・ネバダを本拠地とする国際的戦略コンサルタント会社Nancy Toddの社長である。

州を越えてポーカープレーヤーはこの発展に喜んでいるだろうが、Tuff Fishとして知られているAnthony Sandstrom以上にに喜んだものはいないだろう。数年にわたってSandstromは一身にカリフォルニアでオンラインポーカーの合法的な枠組みを作るinitiativesを議会通過させようと努力してきた。彼の自己批判的なおかしなYouTubeビデオに象徴されるように、Sandstromは乱暴なポーカーの締め出しに悩んでいることで知られていたが、カリフォルニアでオンラインポーカー産業が調整されることになれば彼はついに勝利のハンドを目にすることになるだろう。

More Stories

どう思われますか?