控訴裁判所はポーカーを運のゲーム決定

控訴裁判所はポーカーを運のゲーム決定 0001

2007年1月、Gutshot Card Club のDerek Kellyはプライベート会員クラブで違法にポーカーゲームを開催したとして有罪となった。彼の主張によると、ポーカーは技術のゲームで1968年のゲーム法に定められているライセンスを必要とする「技術と運の混ざり合ったゲーム」に当たらないとしている。その当時、これはイギリスポーカー界の未来を形作ると予想されていた象徴的出来事だった。

12ヶ月以上後にGutshotはまた裁判にかけられ、先週は控訴裁判においてもポーカーが技術のゲームであるという主張は通らなかった。1968年の法ではクラブがライセンスなしに運のゲームを開催することを禁止し、賞金に課税することとプレーヤーに参加費を求めることを禁止している。だが、まさしくこれが2004年にGutshot行なっていたと判明したのだ。

ポーカーはまだ多くの部分運に支配されたゲームだ、と先日裁判所は判断した。

昨年の判例に従い、Gutshotや他のポーカークラブは、提案され支持された基準によってのみ会員資格が与えられる排他的なプライベート会員クラブになった。ロシア・デンマーク・フィンランド・ドイツでは「技術か運か」の議論でそれぞれ異なった結果を出し、対立している。

しかし昨年Dusk Till Dawnが記念すべきオープニングを迎え、規制されたポーカークラブにもイギリスに居場所があるのだと証明し、ヨーロッパとイギリスのポーカー界は破滅にも暗黒時代にも陥っていない。ヨーロッパで最初の合法的、ポーカーのみのカードルームはすばらしい最初の3ヶ月を過ごし、イギリスで同じように法的に許可されたポーカールームが開くのもそう遠くない話だろう。

イギリス法によると、ポーカーは未だに運のゲームなのだろうか?しかしもし私たちがこの規制に反発すれば、私たちはおそらく昨年1月に決められた以降に発生したポーカーが技術のゲームであるという次のような例を使うだろう。

Annette ObrestadはWorld Series of Poker Europeで勝利し、次の月に行なわれたEPT Dublinでも2位になった。

Julian Thewは2つのGUKPTとEPTのタイトルを半年にも満たない間に勝ち取った。

Eli Elezraは自分がブレースレットを獲得することに賭け、WSOPでブレースレットを実際に勝ち取った。

Phil Hellmuthは11番目のブレースレットを獲得し、WSOPで自身で打ち立てた現金・ファイナルテーブル進出記録を破った。

Gavin GriffinはETP、WSOP、WPTのタイトルを獲得した始めての人物となった。

これが運なら、私も幸運のお守りが欲しいものだ。

Ed note: Full Tiltでキャッシュゲームをし「運」試ししてみよう

More Stories

どう思われますか?