Facebookがポーカー界に参入

Facebookがポーカー界に参入 0001

「オンラインポーカー」という発想はたった15年前までは馬鹿げたことだったが、今ではポーカー産業の中核を担っている。私たちは今より新しいエキサイティングなプレー方法と共にポーカーの新しい章に進もうとしているようだ。あなたは今TVを通じて、携帯を通じて、そして最近ではソーシャルネットワークFacebookを通じてポーカーをプレーすることができる。

ほんの少しの時間でFacebookは友人と連絡を取るためのナンバーワンポータルサイト―そこで旧友たちを探し出し、彼らの変わり果てた姿を見ることになるのだが―としてMyspaceを上回った。最近ではFacebookが支援するポーカールームUjogoが導入された。この新しいポーカールームでは3000万人が週に3時間程度無料でポーカーを楽しんでいる。Facebookが完璧なポータルサイトであることを証明した。

彼らの前に立ちはだかるのはもちろんUnlawful Internet Gambling Enforcement Act (UIGEA)で、アメリカではFacebookが非常に人気なのだが、彼らはアプリケーションを無料化してそれを獲得したようだ。お金はかけず、誰もがプレーマネーに良くにた1000ポイントを持って始める。これの難しいところは、ランキングの眩暈がするほど高い位置につかなければ大きな賞金は提供されないと言うところだ。

プレーマネーの適応はなんと言っても必須だが、これがポーカー産業に多大な影響を与えることは疑いようの無い事実だろう。Facebook独自の無料テキサスホールデムポーカーへの申し込みはサイトで3番目に活気があり、これまで540万回インストールされ、一日に370,000人を超えるプレーヤーが参加する。より多くのプレーヤーと関係を作れば、より多くのチップが無料で手に入る。これは様々な意味で「パブポーカー」のオンライン版と言える。無料でポイントを基にした社交的ポーカーゲームで、最終的には現金を扱うテーブルに多くの新しいプレーヤーを連れてくる。

私たちの多くがUIGEAがこの産業に衝撃を与えてしまうだろうと推測したことで、オンラインポーカーは2006年の少しの間死んで埋められてしまったかのように見えた。実際には、それは開花し信じられないほど進化し、この最も新しく改革されたFacebookは私たちが将来プレーするポーカーのひとつの形態だろう。

Ed note:T6Pokerでプレーしてオンラインポーカーの革命に参加しよう

More Stories

どう思われますか?