英ギャンブル産業が混乱

英ギャンブル産業が混乱 0001

イギリスギャンブル産業は先週、いくつかの大変異なるギャンブル領域の規則採決によって大変なことになっている。これは、過去何週間かにわたって報道された内容や2005年ギャンブル法などの結果である。

先週私たちはマンチェスターに建設されるはずの「ラスベガス」スタイルのスーパーカジノが保留になり、一方では16個の小さなカジノが了承を得たと報道した。Las Vegas Sands の主任経営役員William Weidnerはわざわざイギリスまで行ってスーパーカジノ計画について話し合った。

「我々はどうしたらより多くの形のギャンブルをできるか、(イギリスの)仲間たちと多くの時間を費やして明らかにしようとしてきた。」とカジノ役員は述べた。「もしこのゲームが我々の行く手を阻むと知っていたら、飛行機の燃料を無駄にしてまでここに来なかっただろう。」

「ホームチームが勝ったのだ。イギリスの企業はこのシステムでうまくやっているので、彼らは我々をしたいようにした。適切だったとは思わないが、彼らとは小さくみじめなカジノだけでゲームをし、我々を追い出したのだ」とWeidnerは述べた。「彼らは今世界で最悪の状態だ。彼らは遠くから集客できないカジノを持ち、地元住民からより多くのお金を取る場所を彼らは持ったのだから。」

我々はまた、問題を抱えるギャンブラーを救済するためのチャリティーに十分寄付せず、社会的責任を果たしていない企業が多いので、Scottish MP Kenneth Gibsonがイギリスギャンブル企業からの取立て要求していると報道した。Responsibility in Gaming Trust (RIGT)はこれを支持する模様で、「状況が劇的に変化しRIGTが寄付目標を達成できるようにならない限りは」強制ギャンブル税は避けられないとギャンブル業界に警告している。

eGaming Reviewにある手紙によると、RIGTは3800社あるイギリスのギャンブル企業のうちたった13%しか寄付をしていない。 RIGTは毎年の歳入のうち0.05%をイギリスの企業が払うように、また海外の企業は最低でも£10,000を用意するように促している。

教会関連団体はスーパーカジノの建設を延期したことが大きな影響を持っていたと述べている。Archbishop of Canterbury のRowan Williamsはこの議論を支持し、Andy Burnhamに「問題あるギャンブルの成長を見張る寄付プログラムのために、この業界から寄付金を徴収してほしい」と要望を出している。

Ed note バンクロールを増やすためにMansion Pokerですばらしいキャッシュゲームに挑戦しよう!

More Stories

どう思われますか?