ギリシャ・オランダ、インターネットギャンブル市場規制についてEUの反感を買う

 0001

ヨーロッパ連合加盟国である2カ国がオンラインギャンブル市場への制限されたアクセスについてEU取引命令に逆らったとして不要な注意を引くこととなった。EUは木曜日に「道理的意見書」をギリシャとオランダに対して発行し、両国がこれらの国内向けにギャンブルサービスを提供しようとする海外企業に対する制限を取り消すべきだと述べた。

意見書は2006年4月からオランダに、2007年6月からギリシャに対して始まった両国に対する抗議活動の第2ステージである。他の「道理的意見書」と共に、次のステージは両国に満足の幾返答を出すか市場部門に関する彼らの業務を調整するための2ヶ月間である。

オランダの問題はスポーツ賭けの規定と促進に関することだけで、現在はかつて計画された国営のHolland Casinoオンラインポーカールーム(提案を多いに議論したあとで、最近オランダの国会議員に議会での投票で撤回された)つながっている。ギリシャに対する抗議にはギリシャ市民が他の企業が提供するサービスに参加する権利が制限されていることも含まれており、すぐに政府の運営するギャンブルグループOPAPの最高経営責任者Christos Hadjiemmanuilの反感を買うこととなった。HadjiemmanuilはEUの発行した意見書について次のように述べた。「委員会の動きはOPAPの権利に何の影響も与えない。我々は使える手段は全て使って独占権を守るだろう。」

EU最大のオンラインギャンブルサイト8つの関心を示してるEuropean Gaming & Betting Association (EGBA)はすみやかにEU最新の動きを開始した。EGBAの事務総長Sigrid Lignéは次のように述べている。「道理的意見書は本当の意味で消費者の保護や公共の関心に対応していない国内ギャンブル法に明らかな合図を送った。」

More Stories

どう思われますか?