イギリスポーカー伝説:John Duthie

イギリスポーカー伝説:John Duthie 0001

今週のイギリスポーカー伝説はポーカーで偉業を成し遂げたとされる男についてお伝えしよう。John Duthieが最初に注目されたのは、彼が2000年に初めてのPoker Millionトーナメントで優勝し、Tony BloomやBarny Boatmanらの強豪をファイナルテーブルで下し、100万ドルを手にしたときだった。それはプレーヤーのカード全てが視聴者に分かるようにテレビ放映される初めてのポーカートーナメントで、3000万人以上の人々が彼のタイトル獲得を見守った。

彼はまたこうしたポーカー番組に3回登場し、Late Night Pokerでは2006年にファイナルに進んだ。彼はまた2003年のEuropean Headsup ChampionshipsでMike Sextonに続き、2位になった。Duthieはポーカーシーンに現れる以前にテレビディレクターとして知られており、イギリスで放映されている人気ドラマの一つ、"Hollyoaks"のディレクターとして有名ある。

2004年European Poker Tour にむけてそのアイデアを思いついたとき、Duthieはポーカープレーヤーとしての経験とテレビディレクターとしての信頼を融合させることとなった。彼はツアーをうまく軌道に乗せ、ツアー中多くの場面でラジオDVのColin Murrayと共にコメンテーター席にも着いた。彼の知的な発言がMurrayのコメントを引き出す場面も時折あった。

今では皆それがどれほどすばらしい成功だったか知っている。EPTは2004年に小さなヨーロッパのお祭りから4年後、世界的な成功を収めた。毎年ツアーは大きくなり、バイインと賞金総額の幅が広がっていく。毎シーズン新しい開催地が加えられ、海外からの仲間もこのイベントがいかに大きなものか認識しつつある。

Duthieの助けでETPはWSOPとWPTに並ぶ「ビッグスリー」のひとつとして考えられるようになった。結果的としてDuthieはチームポーカースターズの一員となり、安定したスポンサー付きのプロプレーヤーとなった。

John Duthieはトーナメントの賞金で180万ドルを獲得し、恐ろしく勇敢なイメージをどのテーブルでも持っている。彼はまだプレーとテレビ放映の両方に従事しており、最近ではポーカーシーンに助言しようとCasino Royaleでの取材に飛んで行った。Duthieはカジノにいるプレーヤーと家で見ている視聴者の両方によい影響を与えており、それが彼がイギリスポーカーの伝説である理由なのだ。

More Stories

どう思われますか?