イギリス出身のJohn Tabatabai All Africa Poker Champsで優勝

イギリス出身のJohn Tabatabai All Africa Poker Champsで優勝 0001

イギリスで '最もクレイジーなプレーヤー' のJohn TabatabaiはAll Africa Poker Champsで優勝し、WSOPEで2位を取ったのは偶然ではないことを証明した。ピッグスピーク、スワジランドでのイベントは最近ようやく国際的な認識を得たばかりである。それは、2007 WSOPでRaymond Rahmeがファイナルテーブルに残り、南アフリカ共和国のポーカーに注目を集めたことに大きく関係している。彼自身もこのイベントの過去優勝者だが、今年は3位で敗退してしまい、Tabatabaiが優勝することとなった。

Tabatabaiは100万ランド(£62,000)を獲得し、少なくとも南アフリカ共和国において大金持ちになった。また、彼はとWSOPメインイベントのシートも手に入れた。地元のプレーヤーは彼の不安定でアグレッシブなスタイルへの対処法を知らなかったが、彼はポーカーをしながらも沢山の友達を作って、南アフリカ共和国でのポーカーを促進することに大いに貢献した。Johnは昨年Annette Obrestadと素晴らしいヘッズアップの戦いをしたことで、Rahmeと並び、このイベントで最も良く知られているプレーヤーであった。

Johnの 'どんな2枚のカードでも勝てる' というスタイルで彼はファイナルテーブルまで辿り着き、調子のよかったJohnはファイナルテーブルの他の9人のプレーヤー全てを飛ばすこととなった。WSOPEでファイナルテーブル直前にバブルとなったGus Hansenに勝った時、Johnは多くのファンを手に入れた。しかし、Tabatabaiは2位という素晴らしい結果を残したにもかかわらず、ブレスレットを獲得できず、挫折を味わった。

今回優勝したあと彼は、新しい南アフリカ共和国のプレーヤーにアドバイスを与えた:

「プロを目指したり、ポーカーを唯一の収入源にしてはダメだ。他の職業やお金のプレッシャーを軽くするものがあれば、あなたはもっといいプレーすることができる。また、自分が最高のプレーヤーだと思ってはいけない。自分より弱いと思っているプレーヤーを含む全てのプレーヤーの意見を聞くことが大切だ。彼らのアドバイスから、彼らに対してどのようにプレーすればいいかヒントを得られるだろう。」

オーストラリア、インド、アジアのように南アフリカ共和国においてもポーカーの開発は素晴らしい早さで進展していっている。現在ポーカーの活動地域はとても広い。Raymond RahmeやJohn Tabatabaiの活躍によって多くの観衆が集まり、南アフリカ共和国は近いうちにメジャーポーカートーナメントの開催地となるかもしれない。

More Stories

どう思われますか?