ポーカー映画評価:'The Grand'

ポーカー映画評価:'The Grand' 0001

大衆文化で何か大きい動きが起こると、その流行を基にした映画制作が予想できる。映画スタジオと監督は流行りを見て、その流行を利用して利益を得ようとするのだ。1990年代前半の「グランジ」音楽の流行はSinglesという、グランジバンドに所属する'Citizen Dick'(馬鹿な国民)という名前を持つ男性リードシンガーについてのラブ・コメディー映画を私たちにもたらした。

そして、過去数年間のポーカーブームも例外ではない。今の時代はポーカーを悪く思っており、ポーカーに関する映画やテレビ番組はESPNポーカードラマシリーズの"Tilt"や評判の悪かったLucky Youの映画しか無いため、ポーカーファンはがっかりし、世間のポーカーに対するイメージはあまりよくないものになっている。

また、 近日公開予定の 'Deal' (年寄りのポーカーチャンピオンのBurt Reynoldsが若いポーカースターを育成するストーリー)という映画の期待もあまりできなさそうである。imdb.comの情報によると、Dealは米国の限られた地域で4月25日に公開される予定だ。

Lucky You, "Tilt", そしてDeal (予告編の情報から)の全てはポーカー界を堅苦しく深刻に映している。もちろんポーカーは最近とても深刻なビジネスとなったが、実際のポーカー界はそうでもないはずだ。そして、次に公開される映画はポーカーの面白い一面を描いた新しい作品となった。

The Grandはポーカー界の実生活についての映画である。これはドキュメンタリーのように撮られたフィクション映画であり、ポーカー界は 'ポーカー'を真剣に考えていないという事について描かれている。このドキュメンタリー風に撮影されたThe Grandは映画としての流れは良くないが、誰もが予測できるようなエンディング(しかし台本には描かれていなかった)まで、沢山笑いを提供してくれる。

映画の舞台は、WSOPのような1000万ドルの勝者総取り制のポーカートーナメント"The Grand"だ。Woody Harrelsonは祖父からラスベガスの中心にある"Rabbit's Foot"カジノを引き継ぐカジノ経営者のJack Faroを演じる。Jack Faroは70回の結婚を失敗して何回もリハビリに通うため、時間節約としてリハビリセンターに住んでいるのだ。

The Grandはポーカー界において1つのものを上手に映している。それは個人のキャラクターだ。ポーカー界には沢山のキャラクターが存在するのだが、この映画は実際の名前を挙げないで、何人かの有名プレーヤーの滑稽な性格をうまく描いている。

評論家によると、特に面白い映画のキャラクターはHarold Melvinだそうだ。単調に物事を言い30代後半になっても母と生活をする不器用な「数学野郎」のMelvinは、1980年代のSFスリラー映画Duneをヒントにして自作したポーカーマントラを暗唱しながら、他のプレーヤーに対して多くの悪口を言うのだ。またある一場面で、Melvin(俳優Chris Parnellによって非常に上手に演技されている)はDaniel Negreanuに対して「君のスタックが何か意味を持っている間にオールインしておくべきだったね」と言い、彼のプレーを批判するのだ。

どんなポーカー映画でも有名プロ、有名人のポーカープレーヤー、そして一般のポーカープレーヤーの登場は欠かせない。そして、The Grandも例外ではない。有名プロはNegreanuやDoyle Brunson, Antonio Esfandiari, Phil Hellmuth, Phil Laak, Shannon Elizabeth, Robert Thompson、そしてトーナメントディレクターのJason AlexanderやHank Azariaなど、他にも多くのプロが出演している。またポーカープレーヤーとしては登場しないが、Phil Gordonはテレビポーカー番組の解説者として多くの場面で登場する。そして、最も愉快な有名人の出演者はRush Hourなどの映画を手がける映画監督Brett Ratnerである。彼は"Sob Story"(悲しいお話)をするBarry Blausteenを演じている。彼は相手をフォールドさせようとする際に、「私の母はあと3ヶ月しか寿命が無いんだ」というような悲しいお話をするのだ。

このように、沢山のポーカー細かい情報や身内だけが理解できる冗談がこの映画に登場する。例えば、Stave Lavish(俳優Michael McKean)がかぶっている帽子のロゴはWynnのロゴとほとんど同じである。他にもJack Faroの祖父は大きなファーコートとカーボーイハットを身に付けている為、明らかにBenny Binionを真似しているのだろう。

しかしこの映画を見て、私は最後まで気になる事が一つだけあった。それはプレーヤーが不正行為をするシーンだった。ESPNシリーズの"Tilt"はストーリーの多くの場面で不正行為を描いた事によって、多くのプレーヤーには受け入れられなかった。The Grandで不正行為の場面は特に重要ではないが、結果的に影響を及ぼす事となった。ハリウッドに言いたい。現在行われている大きなポーカーイベントのファイナルテーブルでプレーヤーは袖の間にエースを隠したりは一切しない。

全体的に見て、良いことと言えばThe GrandRounders以来一番良いポーカー映画だということだ。しかし、競争がさほど激しくないことが残念である。ポーカーを愛している人にとってThe Grandはたくさん笑いを提供するので、チケットを買う価値があるだろう。社会全般は映画を受け入れるかって?それは無理だと私は思う。

More Stories

どう思われますか?