NETeller2007年に1億8570万ドルの損失を発表

NETeller2007年に1億8570万ドルの損失を発表 0001

NETeller Plcは2007決算年度について、アメリカ市場からのオンライン支払い処理の撤退にかかった赤字1億8570万ドルを最大とするかなりの損失を発表した。

1億8570万ドルの内訳としては、アメリカ政府に会社が支払った開業費用1億3600万ドルが含まれ、アメリカが差し押さえたNETellerのアメリカの顧客の入出資金に続いた。差し押さえはあの有名な、アメリカ当局によるカナダのNETeller創設者Stephen Lawrenceと John Lefebvre逮捕劇のすぐ後、2007年1月下旬に行なわれた。逮捕された当時LawrenceとLefebvreはNETellerとはすでに関わっていなかったのだが、アメリカの取り締まりはNETellerをアメリカ市場からの撤退に陥れた。

またNETellerの2007年を厳しくした要因には、カナダからイギリス沖のマン島にまでの協力本部の再設置に関連した再建費としての総額3700万ドルの支出がある。損失の28570万ドルは総利益が1億700万ドル以上と報告し、堅実だった2006年の収入を消し去ってしまった。

全体として厳しいニュースの中、NETellerはいくつか建設的な指標も報告した。2007年第2四半期の現金の流れはよく、ヨーロッパとアジア・環太平洋地域での総収入それぞれは28%、44%と上昇している。この2つの地域は今年度の総収入8400万ドルの大部分に貢献している。

2008年の結果はすでにひとつ大きな費用負担と収入源を含んでいる。NETellerのアメリカ政府への最後の支払い3825万ドルは2008年の1月16日に終わり、次の年度に加えられるだろう。この最後の支払いはNETellerの成功したカルガリー(アルバータ州本部)での売り上げでいくらか埋め合わせられるようだ。ネットでは3300万ドルの売り上げが2008年3月31日に支払われることになるだろう。2007年度の最後と同じように、NETellerは現金と現金相当のもの合わせて8080万ドルを保った。

More Stories

どう思われますか?