PokerTek、300万ドルのローン

PokerTek、300万ドルのローン 0001

自動ポーカーテーブルの認可を行っているPokerTek, Inc. は今週資金の投入が必要なことを発表した。PokerTekが証券取引委員会に申請したところによると、PokerTekの持つオークションレート証券に対する先取特権と交換に、PokerTekは100万ドルのローンをUBSから借りた事が明らかとなった。PokerTekはまた理事会のLyle A. Berman, james T. Crawford III, Lee Arthur Lomax, Gehrig H. "Lou" Whiteらと200万ドルのローンで合意に達した。ローンは2010年3月24日に支払われる見込みの利息のかかったPokerProテーブルの動産担保権と平行して、13%の利子で貸し出された。今回の合意では更に100万ドルのローンが追加される可能性を残している。

PokerTekは既にキャッシュフローの問題を抱えている。2007年の終わりにPokerTekは720万ドルを流動資産として貸借対照表に残していたのだが、PokerTekは300万ドルも四半期に使っていた。彼らの最後の収益報告書で示されたように事態は改善していたものの、PokerTekは2008年にはより多くの資金源を確保する必要があるだろう。米国の金融危機の後で、PokerTekの資金問題はより切迫した状況になった。

2007年の終わりでは、PokerTekの流動資産600万ドルはオークションレート証券に投資された。形勢の傾いていた彼らだが、問題となっている株390万ドルを持っている。これらの資産は通常流動的で高く評価されているのだが、米国の金融危機によって売却ができない状況だ。PokerTekンのオークションレート証券は2008年初めにオークションに失敗し、このことによっていつも通りに毎月のオークションで資産を一掃することができなかった。3月31日にPokerTekは公式に彼らのオークションレート証券を非流動資産と分類し直した。

資金問題においてかなり状況はよくなったものの、World Poker Tour Enterprisesは更に同じような問題に直面している。証券取引委員会によると、WPTEは似たようなオークションレート証券に投資した為に、流動資産3100万ドルのうち1240万ドルを分類しなければいけない状況におかれているかもしれない。

関連したところでは、マサチューセッツの証券監視委員のWilliam Galvinは、3300億ドルのオークションレート証券市場に関する継続した調査の一環として3人の有力投資家に情報を求めた。GalbinはUBS(メリル・リンチ)とBank of Americaが投資家に投資の潜在的リスクについて話したかを見極める為に召喚状を発行したが、2月以来凍結している。

More Stories

関連トーナメント

どう思われますか?