Playtechが第1四半期利益を発表

Playtechが第1四半期利益を発表 0001

オンラインゲームソフトを提供するPlaytechが既存のライセンスの成長により、第1四半期で圧倒的な強さを見せた。Playtechのプレスリリースによると、グループ収益で昨年の同時期と比べると、97%増となっている。カジノ収益はPlaytechビジネスの3分の2を占めており、昨年比で79%の割合で成長した。またポーカー関連の収益は161%増となった。

2008年にPlaytechは新たに9つのライセンスを取得し、第1四半期の終わりには2つのライセンスを開始した。新しいライセンスは、ヨーロッパマーケットやセレブをフィーチャーしたHollywood Pokerブランドを支えるVista Global Limitedに提供する最大のオンラインギャンブルオペレーション株式公開会社、Bettsonを含んでいる。これにより、Playtechの総取得ライセンス数は59になった。

PlaytechはAsianP2Pゲームで提供する製品の拡大を続けている。実際のゲームは第2四半期に正式発表されることになっている。また、Playtechのフラッシュポーカー精神は完成し、現在テストが行われている。全てのポーカーライセンスに関わる製品は第3四半期に発表予定だ。

Playtechは、第1四半期の収益成長が4月でも続いていることから、第2四半期の業績に関し、楽観的だった。2008年の第1四半期の月平均の成長率をすでに上回り、9%をマークしたことも伝えられた。

PlaytechのCEOのMor Weizer氏は"今回、われわれのグループにとって、毎月毎月収益成長を見せ、非常に大切な四半期をなった。最近のライセンス取得とAsianP2Pゲーム発表とフラッシュポーカーによりグループの収益は第2四半期でも引き続き継続できる。また2008年、そしてそれ以降も自信がある。

More Stories

どう思われますか?