PokerTekの4半期決算で赤字が削減

PokerTekの4半期決算で赤字が削減 0001

自動ポーカーテーブルの販売で有名なPokerTek Inc.は今週2008年の最初の四半期決算を発表した。PokerTekは昨年の2.62ミリオンドルの赤字から今年は2.13ミリオンドルの赤字まで復活した。PokerTekは新しくHeads-Up Challenge製品を2007年に発売し、また販売輸送も始めたため、売り上げが441%上昇している健全な会社である。

PokerTekの最高責任者、Chris Halliganは"PokerTekは2008年は良いスタートがきれた。カジノの収入が2倍になった事とカジノの収入とHeads-Up Challengeの売り上げ上昇で1ミリオンドル以上を売り上げた。"と言っている。

ローンで借りた3ミリオンドルがキャッシュフローを軽減した。3ミリオンドルは取締役のメンバーからの出資でまかなわれた。Halliganは"我々は会社に忠誠を誓っており今後もこの会社は人を掴んで離さないことだろう。様々な人々のサポートが我々の会社を更に大きく成長させる機会を与えてくれるだろう。この財政のおかげで、我々はオペレーターとプレーヤーの両方の要求を満たし、自動ポーカーテーブルの増加に繋がるだろう。" と言っている。PokerTekは第一四半期を4.5ミリオンドルの現金を持って締めることになる。

Halliganは近い将来を楽観的に考えており、Heads-Up ChallengeとPokerProの両方からの要求を勝ち取りながら第一四半期を終える。しかしPokerTekの株は1.54%下がっていることも発表された。

More Stories

どう思われますか?