WSOPのキャッシュゲームがより大きく、より良く

WSOPのキャッシュゲームがより大きく、より良く 0001

ある日、Rio Convention Centerのキャッシュゲームが劇的に変わった。いつもの、$2/5、$5/10、$10/25のノーリミットに加えて、$25/50のテーブルと$25/50のポットリミットオマハを目撃した。

リミットテーブルも復活しており、$4/8、$10/20、$20/40、$50/100、そして$100/200のテーブルが開かれており、そこには$10/20、$20/40のリミットオマハ8のテーブルも追加されていた。また、$20/40のB.O.T.Eミックスゲームも開かれていた。

しかし、最も興味深かったテーブルは、$200/400のミックスゲームテーブルである。これは、ポットリミットオマハ、ラズ、2-7トリブルドロー、オマハ8などJosh AriehやRobert Williamsonなどが好きそうなテーブルだった。これらのプレーヤーは笑顔を崩さずに数千ドルのポットを楽しんでいた。

Rioにはハイステークスのゲームエリアも広がっていた。$75/150のオマハ8である。Marcel Luskeはちょっと立ち止まり、プレーをしていった。

これまでのRioの光景は中間からハイステークスのPLOとホールデムゲームが若者のプレーヤーにとっては主流であった。今、これらのゲームに参加しているプレーヤーの何人かはとても社交的な服装をしている。例えば、$5/10のノーリミットゲームは20代の多くのスタックを持ったプレーヤーがおり、それぞれのプレーヤーに対して、マッサージが付いていた。PLOテーブルを見てみると、何度もIDをチェックされていた若者も座っていた。

本日行われた$1,500のノーリミットトーナメントで、負けてしまったプレーヤー達がこぞってキャッシュゲームにあふれて来ている事が分かる。あるプレーヤーはトーナメントにまだ参加しており、キャッシュゲームにディナーブレークの時に来て、最初の15ハンドをレイズで入り、こう言った、"トーナメントでは凄くタイトに打っている。だからその鬱憤は晴らす必要がある。"

今年のWSOPキャッシュゲームのもう一つの違う所は、オールインエナジードリンクが提供される。これは、今年のスポンサーがプレーヤーにエナジードリンクを提供して、夜を通してプレーしてもらえるようにしている。ゲームは朝の、どの時間でも開いているので、このエナジードリンクは拒否出来ないだろう。

結局、キャッシュゲームはより大きく、そしてエキサイティングに、更に凝縮されている。WSOPは今始まったばかりであり、プレーヤーはこの楽しい現場に来場する事をお薦めする。

More Stories

どう思われますか?