PartyGaming の下半期の 不安

PartyGaming の下半期の 不安 0001

先週、オンラインギャンブル会社の PartyGamingは今年の上半期の売り上げが専門家の予測をはるかに上回るものだったということを発表した。税金などがひかれる前の会社の利益は $64900000にもおよび、この数字は去年の上半期より76%もアップしている。カジノの収益は38%アップ、そのなかでポーカーの収益は6%アップだとのことだ。

しかし、会社は下半期の前半の売り上げはそれほど芳しくないということもニュースのなかで明らかにした。通常夏という季節ははそのほかの季節と比べて売り上げが落ちるものなのだが、専門家はそれにしても会社の下半期前半の結果に悲観的な見方をしている。 7月と8月毎日のサイトのポーカープレイヤーの平均は2008年前半のそれと比べて19% も減ってしまっており、さらに、7月と比べて8月の収益は9%も落ちている。

チーフエグゼクティブの Jim Ryan は、最近の会社の不振はUSのプレイヤーを受け入れているサイトとの競争のすえの結果だと述べており、このままでは規定の法によりUSからのプレイヤーを受け入れてることをやめてしまったPartyGamingなどのサイトにとって運営はますます厳しいものになるとの見解も示している。

このニュースの中で、Ryan はかつてのシニアディレクターである Rod Perryがノンエグゼクティブチェアマンのポストに新しくつき、今現在進行しているアメリカの司法省とのやりとりを取り扱っていくことも発表した。 Ryan は Perry が毎日司法省とのやり取りを管理しRyanの仕事を助けることを期待しており、また会社は今年中に司法省との間に何らかの解決策を確立することを目標としている。

More Stories

どう思われますか?