Barney Frankの新しい法案が委員会投票をクリア

Barney Frankの新しい法案が委員会投票をクリア 0001

アメリカの国会議員である Barney Frankが提唱しているインターネットギャンブル規制の法案が委員会の投票をクリアし、本格的に議会で話し合われることとなった。Barney Frankは以前にも2006 Unlawful Internet Gambling Enforcement Act (UIGEA)と呼ばれるギャンブル規制の法案を提出してはいたが、議会で話し合われるにはいたっておらず、彼の新しい法案である Payments System Protection Act of 2008 (H.R. 6870)が火曜日に30-19 で投票をクリアしたことで始めて彼の提案が議会に持ち込まれることとなる。

Frank'の新しい法案は、現状ですでに法律に引っかかっているが厳しく規制されるに至っていないオンライン上でのギャンブル、特にネット上でのスポーツベットを規制するものであり、正式な文書によると、この法案が可決されれば60日以内に法令に矛盾するギャンブルを認めているサイトは閉鎖されるとしてある。厳しい審査のもとにガイドラインが設定され、現状で連邦局の法律に引っかかるサイトは厳しく罰せられていく見込みだ。

この文書は委員会での投票をクリアしたが、アメリカのプロスポーツリーグからは反対にあっており、議員のSpencer Bachus 率いるアンチギャンブル運動家たちの後押しもあり辛くも委員会をパスしたといえる。いくつかのオンライン情報サイトでは、Frank はプロスポーツリーグの反対にとても失望したと語られている。

ポーカープレイヤー同盟(PPA)の チェアマンであり、以前は上院議員を勤めていた事もあるAlfonse D'Amato は、委員会をクリアしたこの文書に賛成との見方を示している。

"The PPA は今回の法案に全面的に賛成であり、この法案が可決されることでネット上の不正なギャンブルは少なくなるだろう。これは当然であり必要なことで、具体的に規制されるべきなのは主にスポーツベットと言うことになるだろう。

More Stories

どう思われますか?