Menendezがネット上のスキルゲーム認定の法律を提案

Menendezがネット上のスキルゲーム認定の法律を提案 0001

上院議員であるRobert Menendez (D-NJ)が、オンラインポーカーなどのゲームをただのギャンブルではなく、スキルゲームとして認めライセンス登録するという内容の法案を提案している。 この法案はポーカーなどのオンラインスキルゲームをライセンス規定するというものであり、法案は自身の実力が反映されるスキルゲームではないということでスポーツベットには反対の意向が示されている。法案の更なる詳細、内訳はPokerNewsにより水曜日に発表される見込み。

ポーカープレイヤー同盟(PPA)もこの法律の設立に賛成、協力しており、上院議員であるMenendez に対し感謝とお祝いのコメントを残している。それについての記事、コメントは以下の通り。

WASHINGTON, DC. (October 1, 2008) –100万人以上のメンバーを抱えるPPAは、今回このオンラインポーカーなどを含むスキルゲームの正式なゲーム認定の法案を提案しているRobert Menendez (D-NJ)上院議員を非常に推奨している。 この法案は正式に可決されればUS内のポーカーなどのネット上のスキルゲームを管理、コントロールするものになる。

"Senator Menendezによる今回の行動は、インターネットギャンブルを規制する1つの例でもあるといえるだろう。PPAは長い間ポーカーがこのような効果的なライセンス認定を受けることを待ち望んでいた。これにより、オンラインポーカーといった攻撃されやすく社会的に立場が弱いコミュニティーを守ることにも繋がるのは間違いないだろう。また、詐欺や不正を防ぐことにも貢献する。Menendez上院議員のこの法律はこういった目標を達成するのに最適な方法だといえるだろう。たくさんのアメリカ国内のポーカープレイヤーは、これにより自分達の趣味、生活に誇りを持つことができる。"

現PPAチェアマン、元上院議員 Alfonse D'Amato.

この法案の主な条項は以下の通り。

• ライセンスを所持しているかの審査

• 未成年の参加などの厳しい取り締まり。

• 高いレベルでの詐欺、不正防止。

• 不正な金のやり取りの防止。

• 税金未払いへの厳しい取締り。

"我々のPPAメンバー、そして私も含む国内のオンラインポーカープレイヤーは全員Menendez 上院議員に感謝している。彼のこの重要な件に関するリーダーシップは賞賛されるべきものだ。この理にかなった政策を行う彼とはこれとも付き合いを続けて仕事をしていきたい。

More Stories

どう思われますか?