PartyPoker プレミアリーグ III、JC TranとTony Gが好発進

PartyPoker プレミアリーグ III、JC TranとTony Gが好発進 0001

PartyPoker プレミアリーグ III が今週月曜に行われ、2人の有名プレイヤーが勝利しともに10ポイントづつを獲得しました。この日の午前に行われた6プレイヤーヒートではJC Tranが勝利し、午後のセッションでは我等がPokerNewsのTony GがTom "durrrr" Dwanを下してトップに立ちました。

午前のセッションではTranの他にWSOPメインイベントチャンピオンPeter Eastgate、 David "Devilfish" Ulliott、 Annette Obrestad、 Roland de Wolfe、そしてこのプレミアリーグのディフェンディングチャンピオンであるAndy Blackが参加しました。初めに脱落したのはUlliottで、そこからde Wolfe、Blackの順に続く結果となります。そしてTranとEastgateのヘッズアップとなったときにはEastgateが2:1のチップリードでリードしていましたが、ここからTranが反撃を見せることになります。最後にはWSOPウィナーであるEastgateのブラフを捕まえ、Tranがこのヒートを制しました。ラストハンドはEastgateの Q-3でのオールインをTranがA-Kでクイックコール、ボードには何も出ずにTranがエースハイで勝利しました。このセッションでプレイヤーが獲得したポイントは以下の通り。

10 ポイント - JC Tran

6 ポイント - Peter Eastgate

4 ポイント - Annette Obrestad

3 ポイント - Andy Black

2 ポイント - Roland de Wolfe

0 ポイント – David "Devilfish" Ulliott

午後に行われたヒート2ではまずTom "durrrr" Dwanが主導権を握ることになります。ファーストハンドからDwanとPhil Hellmuthがぶつかり合い、Dwanのフロップフルハウスに対しHellmuthはターンでフラッシュを完成させてしまいます。Hellmuthはこのハンドを生き残りましたが、かなりのショートスタックになってしまいタフなスタートとなりました。それからNenad Medic、シーズンⅠウィナーJuha Helppi、Phil Hellmuth 、Vicky Corenの順に脱落し、DwanとTony Gのヘッズアップになります。初めはリードを許していたTony Gでしたが、最終的にTony GのJ-10がDwanの88'sを打ち破り優勝を決めました。獲得ポイントの結果は以下。

10 ポイント – Tony G

6 ポイント – Tom Dwan

4 ポイント - Vicky Coren

3 ポイント - Phil Hellmuth

2 ポイント - Juha Helppi

0 ポイント - Nenad Medic

More Stories

どう思われますか?