Clonie Gowenが World Poker Open優勝

Clonie Gowenが World Poker Open優勝 0001

World Poker Open 5000バイインイベントのファイナルテーブルがGold Strike Casinoで行われた。ファイナルテーブルに残ったプレイヤーは9人で、その中でチップリーダーはプロポーカープレイヤーでもあるClonie Gowenだった。

Clonie Gowenはティーネイジャーの時にボーイフレンドの父親に教えられポーカーと出会う。彼女は当時週末になるとDallasからShreveport、Louisianaと車で廻ってより高いポーカーのレベルを求めたという。彼女のポーカーでの最初の成功となったのは2002 World Poker Tour Costa Rica Classicで、ClonieはこのイベントのLadies' Night Invitationalで優勝する。彼女のほかの成功はラスベガスで行われたFull Tilt Poker Championshipでの3位、2005年12月の Five Diamond World Poker Classic $2,000 イベントでの4位などがある。

そして今年、彼女はキャリアの最盛期とも言える活躍を見せており、WSOPでの4つのキャッシュアウト、そして彼女のキャリアで最大の賞金獲得額となる7月に行われたBellagio Cup's No Limit Hold'em メインイベント優勝、そしてさらに、NBCの "Poker After Dark" で行われている6プレイヤートーナメントでもPhil Helmuthと並ぶ3回の優勝回数を誇っている。

Clonieは World Poker Openのデイ2開始時にチップカウントで2位に付けていた。しかし、彼女のデイ2は決して簡単なものではなかったといえる。残りプレイヤー数が12人までなった時、彼女がのちにキーハンドとして挙げることになるハンドが訪れる。彼女はビッグブラインドでその前には3人のリンパー、最終的にボードはQ-10-6-7-K でフリーフロップを見ることのできた彼女のハンドは10-6 のツーペアだった。リバーでオールインしてきたNam Huynhの9-7 を打ち破り、彼女はチップリーダーとしてファイナルテーブルに駒を進めることになる。

ファイナルテーブルで残り8人になった時、Clonieはチップカウントで5位にまで落ち込んでいた。しかし、彼女のポケットクイーンが Brandon Jarrettの A-10を打ち破りダブルアップ、そしてさらにトップペアでもう一度Brandon のsuited Q-Jを破り彼を敗退させ、Clonieは圧倒的なチップリードを持ちながらヘッズアップに持ち込んだ。

ClonieとBJ McBrayerのヘッズアップは完全にClonieのゲームといえるものだった。彼女はアグレッシブなスタイルを貫き、正しいプレイを続け優勝を決める。

Clonie Gowenの輝かしいキャリアは女性のフェルトの上での成功の可能性を証明するものとなったといえる。なにより今は、トーナメントを制したClonieに賞賛を送りたい。おめでとう!Clonie!

More Stories

どう思われますか?