WSOPファイナル進出者によるPAD

WSOPファイナル進出者によるPAD 0001

"Poker After Dark"の第5シーズンが月曜日の夜から始まります。今回ゲームに参加する6人のプレイヤーは全員WSOPメインイベントのファイナルテーブル進出経験がありますが、おしくも優勝は逃してしまったプレイヤー達です。メインイベントを除けば、彼らは全員であわせて13個のWSOPブレスレットを獲得しています 。

プレイヤーのラインナップはAndy Black, Allen Cunningham, Mike Matusow, Dewey Tomko, David WilliamsそしてLee Watkinsonの6人で、各自$20,000を出し合い、ウィナーテイクスオール式でゲームは争われます。番組は12月29日月曜日からNBCで5日間連続で放送されます。また、1月3日には"Saturday Night Live," の後にプレイヤーのインタビューを含めた"Directors Cut" バージョンが放送される予定です。

Andy Blackにとっての最初のWSOPは1997年でした。結果はポーカー会の伝説であるStu Ungarに飛ばされ14位、それからさらに経験をつんだBlack は2005年に5位という結果も残しています。

Blackだけでなく、Mike Matusowも2005年のファイナル進出者の一人です。彼はまた2001年もファイナルに残り、6位の成績を残しました。Dewey Tomkoは1982年に2位、そしてそれから19年後の2001年にも2位に輝いています。

David Williamsは2004年大会でGreg Raymerに次ぐ 2位、そしてAllen Cunninghamは2006年に4位となっています。

今回はBlack、Watkinson、Tomko にとって初めてのPADです。 Allen CunninghamとDavid Williamsは既にPADのタイトルを獲得しており、Mike Matusowは初タイトルを目指してのゲームとなります。

More Stories

どう思われますか?