アリゾナ州のポーカークラブが閉店

アリゾナ州のポーカークラブが閉店 0001

アリゾナ州のあるポーカークラブが法的なプレッシャーにより閉店しました。このクラブの名前はClub Royale,といい、以前裁判官であったHarold Lee、 Donna、Johnny Ray Rogersの手によって運営されていましたが、アリゾナのPascua Yaqui部族によって閉鎖に追い込まれてしまいました。Pasqui YaquiはTucson 地方の4つの国営 カジノの内2つのカジノを管理しています。

今回のケースは主にLee とアリゾナ州にポーカーを広める独占的な法的な権利を持っている 部族の論争になります。アリゾナ州内には22個のカジノがあり、15の違う部族によって運営されています。今回はLeeのクラブが、州内のカジノは全て従っている1993 Arizona Tribal-State Gaming Compactという法律に違反したとしての問題となっています。

Club Royaleの問題はまたLeeとRogersとの論争にも発展しており、Rogersも独自に弁護士を雇っています。Rogersの主張では、クラブはInternational Card and Game Players Association (ICGPA)というLeeが設立したグループのもと運営していたため、彼がPascua Yaqui族に対して払うものは何もないというものです。これに対し、Leeは団体の誤用に当たるとして訴え、戦いを続けていく意向を示しています。

More Stories

どう思われますか?