Tiltwareと"Clonie" Gowen、訴訟の行方

Tiltwareと"Clonie" Gowen、訴訟の行方 0001

2008年11月に起きたCycalona "Clonie" Gowenと Full Tilt Pokerの訴訟の件について、弁護士団による論争はまだ続いています。今回の訴訟は契約違反が主になっており、Gowenの初めの要求ではチームフルティルトの有名なプロプレイヤーの名前や、Full Tiltを関係がある他の会社にまで波及するものとなっていました。

Tiltware, L.L.Cサイド、弁護士Raymond Bitarの見解では、名前が挙げられているプロプレイヤーのこの件への関与は間違いであり、彼らは全く関わっていないということを主張しています。また、今回のこの訴訟自体が正当なものではないと繰り返し主張し、今回のこの契約違反の件はありえたとしてもシンプルな口頭での契約のもつれであるとのことです。ちなみに名前が挙がっていたプレイヤーはHoward Lederer, Andy Bloch, Phil Ivey, Chris Ferguson, John Juanda, Phil Gordon, Erick Lindgren, Erik Seidel, Jennifer Harman-Traniello, Mike Matusow, Allen Cunningham, Gus HansenそしてPatrik Antonius。

Gowenが2004年にチームに参加したときの契約は会社の利益の1%だったそうですが、現在の彼女の訴訟に関する正式な書類では1%ではなく$40,000,000,となっています。

この件に対し、Tiltware サイドは一貫した姿勢を貫いて戦っていくことを表明しています。

More Stories

どう思われますか?