LAPC2009デイ2、Antonio Esfandiariがチップリーダーに

LAPC2009デイ2、Antonio Esfandiariがチップリーダーに 0001

LAPC2009もデイ2に突入し、400人以上のプレイヤーがCommerceカジノに戻ってきました。WPTのフロントマンでもあるAntonio Esfandiari巨大なスタックを築き上げデイ2をリードすると、他のトッププロ、Phil Hellmuth, Erik Seidel, Gavin GriffinやMike Matusowは敗退が決まりました。2位につけているのはKofi Farkyeで、トーナメントポーカー界では比較的ニューカマーである彼はぴったりとEsfandiariの後ろにつけています。

Farkyeは一日の大半をPhil Helmuth, David Chiuの2人のプロと同じテーブルで過ごすことになりましたが、彼らに主導権を握られることなく、順調にチップを増やしてデイ2を突破しました。

EsfandiariもKJ Namからビッグポットを奪い、チップを山のように積み上げています。

"I Bet You" でesfandiariとパートナーを組んでいるPhil Laakは88でオールインするとBertrand GrospellierのJJにコールされてしまい、彼のトーナメントは終わりを迎えることになりました。その他の敗退した有名プレイヤーにはKevin Saul, David Oppenheimや Amir Vahediなどがいます。

デイ2の最終的な結果はEsfandiariが1位、Farkyeがそれを追う2位というものになりました。しかし、まだ危険なプレイヤーも数多く残っており、2008王者のPhil Iveyと Bertrand "ElkY" Grospellier、そしてChris Ferguson, Jeff "ActionJeff" Garza, オンラインスターであり2008年WSOPファイナルテーブルで衝撃的なライブデビューを飾った Mike Sowersなどが虎視眈々と1位を狙っています。

デイ2の時点でのトップ10は以下の通り。

Antonio Esfandiari — 405,000

Kofi Farkye — 391,000

Mike Sowers — 337,900

Anthony Venturini — 211,800

Haralabos Voulgaris — 210,400

KJ Nam — 200,500

Jason Dewitt — 191,800

Adam Geyer — 188,000

Cody Slaubaugh — 183,100

Bertrand Grospellier — 178,900

More Stories

どう思われますか?