裁判官の発言とは別に有罪の判決

裁判官の発言とは別に有罪の判決 0001

アメリカSouth Carolinaで5人のポーカープレイヤーが有罪との判決を受けました。彼らは2006年にMt. Pleasant でプライベートなテキサスホールデムのトーナメントを行っており、州のアンチギャンブル法を破ったとして起訴されていました。このケースを担当していた裁判官であるLarry Duffyは、以前にポーカーは運ではなくスキルのゲームだと認める発言をしていましたが、その発言とは裏腹に今回5人の有罪が決定しました。

Duffyは、"私個人としてもポーカーはスキルのゲームだと思っているし、様々な研究、トッププロの存在などの証拠から見てもそれは明らかだ。しかし、スキルが運の要素を上回るからといって州の法律にかからないかといえばそういうわけでもない。今回の判決も仕方のないものだと思っている。"とコメントしている。今回有罪になった5人は規定の罰金を払う予定です。

今回のケースの5人、Bob Chimento, Jeremy Brestel, Scott Richards, Michael Williamson, John T. WillisはNate Stallingsが開催するテキサスホールデムのトーナメントに参加していました。Stallingsはインターネットを使ってこのトーナメントの宣伝をしており、バイイン$20とレークを徴収。既に2007年1月にStallings自身は有罪の判決を受け、罰金を支払っています。

今までも法律上でポーカーが運とスキルどちらのゲームなのかという議題は何度もあがっており、プロポーカープレイヤーであるMike Sextonとデンバー大学統計学教授のDr. Robert Hannumを招き討論も開かれています。これによりDuffyはポーカーがスキルのゲームだと認め、ペンシルバニアのケースいます。

More Stories

どう思われますか?