Carl IcahnがTropicanaカジノリゾートに入札

Carl IcahnがTropicanaカジノリゾートに入札 0001

今週、資産家のCarl Icahn率いるグループがNew Jerseyカジノコミッションを通し、Atlantic CityのTropicanaカジノリゾートに入札をするという意向を明らかにしました。 Tropicanaのオーナーは2008年5月から破産保護を受けており、New Jerseyのゲーミングライセンスを失っているため、現在カジノは規定の受諾人名義のものとなっていました。

今までもTropicanaに入札をするものは何人かいましたが、実際に所有権を手にしたものはまだ現れていません。2008年9月にも 株式会社Cordishが$700ミリオンのチェック、または現金$575ミリオンでの入札を希望する意向を示しましたが、世界規模での不景気などの影響もあり、結局なんの動きもないまま締め切りである2009年2月を迎えることとなりました。

この時点で、しばらくの間 Tropicanaに入札するものは現れないであろうというのが大方の見方でした。しかし、現在Sandsの元オーナーでもあるIcahnが現れ、事態は一変しています。Icahnのグループは現在 Tropicanaに$1.4ビリオンの貸付金があり、コミッションはIcahnのグループに2009年4月30日までの話し合いの猶予を与える予定とのことです。

More Stories

どう思われますか?