"Poker After Dark"のドリームテーブル

"Poker After Dark"のドリームテーブル 0001

アマチュアのプレイヤーが、有名プロプレイヤーを相手にチャレンジをするのは今回が3回目になります。NBCの人気ポーカー番組、"Poker After Dark"にて、アマチュアプレイヤーである Arnold Thimonsがフリーロールを勝ち抜き、番組の内の企画であるDream Table IIIの参加権利を手にしました。 彼はこのイベントで5人のプロプレイヤーを相手に$120,000の賞金プールを争います。

Thimonsが今回対戦相手に選んだのは、Johnny Chan, Mike Matusow, Phil Laak, Daniel Negreanu, そしてJennifer Tillyの5人であり、計6人でウィナーテイクスオール形式の1テーブルトーナメントを行います。かつてアマチュアで"Poker After Dark"を制したプレイヤーは居らず、今回Thimonsが優勝すれば彼はその最初の1人になることになります。

Thimonsの"Poker After Dark"での相手はいずれもベテランであり、まずは Johnny "Orient Express" Chan、彼は今までの5回の出場で3回の優勝を収めています。その他にもNegreanu, Laak, Matusowの3人はいずれも1回づつ優勝を経験しており、今回の参加者で唯一優勝経験がないのはTillyだけです。また、Laak以外のプロは全員WSOP ブレスレットの所持者でもあります。

番組は現地時間の2:05amにNBCで放送予定、"Poker After Dark"はこれから5日間連続でこのエピソードを放映し、土曜日の深夜には"Director's Cut"と呼ばれる各プレイヤーの解説が入った総集編を放送する予定になっています。

More Stories

どう思われますか?