ビール会社のMilwaukee's Best LightがWSOPとの契約を持続

ビール会社のMilwaukee's Best LightがWSOPとの契約を持続 0001

過去3年間、ビール会社であるMilwaukee's Best LightはWSOPの公式スポンサーを勤めてきました。そして今回、Milwaukee's Best LightはWSOPの公式スポンサーとして最低でもこれから2年間の契約を結んだことを発表しました。プレイヤーは2009年と 2010 年のWorld Series of Pokerにて、Milwaukee's Best Lightを大会のトレードマークとして見ることになるでしょう。これについて、スポンサーである会社側は世界最大のポーカートーナメントにて自社の商品を宣伝できることに非常に満足しているようです。

キャッチコピーが"beer that's brewed for a man's taste,"であることでわかるように、Milwaukee's Best Lightは世界中の若い男性を主なターゲットに設定しているビールです。

WSOPはこのターゲット層を相手にするのに最適なフィールドだということができます。 Milwaukee's Best LightのマーケティングディレクターであるChad Dernは以下のように語っています。

"現在ポーカーの人気は急速に高まっている。ポーカーにはレジャーアクティビティという側面とテレビ中継されるスポーツという2つの側面があり、ポーカーと一緒に仕事ができるということは今大きなアドバンテージを意味している。もちろんわれわれは巨体なポーカーオーディエンスと繋がっていることに非常に満足しているし、WSOPは率直にベストだと言い切ることができる。"

去年のWSOPは一昨年の大会に比べ多くの参加者を集めました。アメリカのギャンブル規制法律であるUIGEAの出現を考えても、この参加者の増加は非常にポジティブに捉えることができます。例年通りRio All-Suitesカジノで行われる2009年のWSOPも57のブレスレットイベントが用意され、去年から導入され非常に好評を博したファイナルテーブルを遅らせて開催するというシステムを採用する予定になっています。

WSOP コミッショナーのJeffrey Pollackも、このスポンサー関係の持続を喜ばしく思っています。彼のコメントは以下です。

"Milwaukee's Best Lightは何年もの間すばらしいスポンサーを勤めてきてくれた。今回の契約持続にわれわれも非常に満足しており、彼らが逆にポーカーを広めてくれているという見方もとることができる。これからも、彼らとは変わらぬ関係を気づいていきたい。"

More Stories

どう思われますか?