NBC、ヘッズアップチャンピオンシップ最終日

NBC、ヘッズアップチャンピオンシップ最終日 0001

NBCのNational Heads-Up Poker Championshipも最終日になり、順々決勝進出となる8人が会場に帰ってきました。ラインナップはDaniel Negreanu、Phil Hellmuthを始めHuck Seed、Sam Farha、 Bertrand "ElkY" Grospellier、Vanessa Rousso、David Williamsそして最後に滑り込んだDavid Oppenheimととても豪華なものとなりました。この日も長い戦いの末、最終的にタイトルを手にしたのはHuck Seedとなっています。

まず準決勝に進出したのは、David Williamsを破った Sam Farha、David Oppenheimを破ったHuck Seed、Phil Hellmuthを倒した Bertrand "ElkY" Grospellier、そしてDaniel Negreanuを破った Vanessa Roussoの4人となりました。

準決勝の先の組み合わせはVanessa Roussoと Bertrand "ElkY" Grospellierのマッチアップになります。ショートスタックとなってしまったGrospellierは終盤K6でオールイン、それに対してRoussoは77でコールすると、ボードは24568となり、Roussoがストレートで勝利しています。

もう1つの準決勝は Sam FarhaとHuck Seedの組み合わせになります。2時間にも及ぶプレーの末に、ショートのFarhaがAKでオールイン、余裕のあるHuck Seedは58ClubSuitedでコールすると、ボードは75J39の3枚クラブとなり、ストレートとフラッシュ両方になったHuck Seedが決勝進出を決めました。

決勝はHuck SeedとVanessa Roussoの一騎打ちとなります。序盤からリードを奪い続けたSeedは、83Kをチェックで回し、ターンでTが出るとともにオールインしてきたRoussoをクイックコール、SeedのハンドはK7のトップペア、それに対するRoussoはJTのセカンドペアにとどまります。リバーが5のブランクにとどまり、この瞬間Huck Seedのイベント優勝が決定しました。

$500,000 を獲得したSeedは、今までの5回の大会全てでキャッシュインしている唯一のプレイヤーとなります。

More Stories

どう思われますか?