PartyGaming の Mitch Garber WSOPオンラインの指揮を取る

PartyGaming の Mitch Garber WSOPオンラインの指揮を取る 0001

2007年9月に、Mitch Garberは イギリスの国際ビジネスFinancial Times誌に、ラスベガスの一流プレーヤーとの交流を受け入れると述べました。当時、Party Gamingの最高責任者だったGaberは会社を代表してこれを発表しました。そして2年後、変化はPartyGamingではなくMitch Gaber自身に訪れました。

Sunday Times誌はMitch GaberはWSOPブランドとインターネットオペレーションを形成する新しいHarrah'sの仕事を受け入れると報告しました。これはとても良いタイミングで起きました。GarberとPartyGamingの契約は今年の5月で期限が切れます。また、Barney Frank国会議員のギャンブル規制実施条例も数週間後に提出される予定でした。Frankの不正インターネット賭博実施条例(UIGEA)は勢いを増し続けています。

2007年11月の会議では、Harrah'sの最高責任者Gary Lovemanはアメリカでオンラインポーカーが2年以内に合法化されると信じていると言いました。また、Harrah'sはWSOPブラインドのオンラインポーカーサイトを開く可能性についても話しました。GarberがHarrah'sに加わる事で、Lovemanの二つの願望は両方とも叶うかもしれません。

More Stories

どう思われますか?