ポーカー精神 Vol.57:適合

ポーカー精神 Vol.57:適合 0001

ポーカーテーブルでは様々な要素が常に変化します。プレーヤは疲れていきます。ショートスタックになったり、ビッグスタックになります。ブラインドも上がり、アンティも加えられます。プレーヤーが一人飛び、新しいプレーヤーが入ってきます。マネーバブルが近づき、誰かがティルトになります。ポーカーテーブルでいつも同じことは、変化するということです。

人生においても様々な要素が変化します。うまくいくためには、我々自身も変化していかなければなりません。マーケットの流行に追いついて、子供の話に遅れをとらないようにします。技術や政治、経済学、最新の音楽、食べ物、映画、テレビについていかなければなりません。

適合は変化と新しい経験に適応する個人の能力のことを指します。適合は、ある情報を統合して理解し、それに対して自らを変化させ適応することです。高度の適応性はポーカーゲームのような急速に変化する環境で役に立ちます。

人生においてもポーカーにおいても、変化に適応できない人がいます。しかし、適応することは学ぶことができます。最初のステップは相手のプレーヤーも適合していることを頭に入れておくことです。

数年前に、私はミシシッピ州のツニカでイベントに参加していました。ディナーブレイクが終了した後、私はプロプレーヤーのいるテーブルに移されました。一人は誰もが知っている有名プロで、もう一人は現地では名の知れるプロでした。彼らは明確に私より優れているプレーヤーであり、私のするべきことは彼らと勝負しないことでした。有名プロはブラインドとアンティを足した額の三倍レイズを頻繁に行い、前にリンプするプレーヤーが2人いれば、リンプもしていた。彼のベッティングパターンは一定だったので、彼のベット額から私は何も読むことができませんでした。

彼をレイトポジションからリンプさせるのは悪いアイデアでしたが、誰も彼を止めることができず、次々にビフォアフロップとアフターフロップでポットを獲得していきました。ひとつ分かったことは、彼ももう一人のプロプレーヤーを避けてプレーしていたことです。テーブルの残りのプレーヤーから容易にチップスをとれる状況で、うまい相手と戦う必要はないのです。

あるハンドで現地プロはリンプし、フロップでチェックレイズをして有名プロを落としました。これを見ていた私も、全く同じプレーをしてみました。ビフォアフロップでリンプし、ポーストフロップでチェックレイズしました。すると有名プロはハンドをあきらめました。私は現地プロのプレーをみて、テーブルに適応したのです。

その後、我々のテーブルからプレーヤーが一人いなくなり、新しいプレーヤーが入ってきました。その次のハンドで、有名プロは今までのパターンにはなかった、ブラインドの2倍レイズをしたのです。私は混乱しました。この数時間のあいだプレーしていた行動は全く違うでのです。再び私は有名プロの新しいプレーに適合しなければなりませんでした。しかし、どうやって情報を得たらいいのでしょうか?このハンドはショーダウンにはならず、彼のハンドの情報は何も得られませんでした。

幸い、再び新しいプレーヤーがテーブルに参加しました。そして彼は「あなたはまだ昔のトリックを使っていますね」と有名プロに言いました。

すると有名プロは「フィッシュに無料で情報を与えないでください」と返答しました。

そうか! この返答の内容によって私はあることに気づきました。それは、プロが新しいプレーヤーにターゲットを移したということです。有名プロは、新しいプレーヤーに「見破られているプレー」に対して適応し、新しいプレーをするのだと私は確信しました。そして、私自身もその変化に適応する必要がありました。このテーブルにあと何回適合しなければならないのでしょうか?

私は、ポーカーが難しいゲームであるかもしれないと言いましたか?様々なことが常に変化すると言いましたか?ポーカーのゲームでの変化に対して、あなたはどのように適合できますか?

More Stories

関連トーナメント

どう思われますか?