テキサスのポーカー法案 2009年で廃止

テキサスのポーカー法案 2009年で廃止 0001

競馬場でポーカーを行っても良いというテキサスの法案が公式に廃止された。初期のものより明白である第2の法案をすでに提出しており、テキサス州下院議員のJose Menendezは、確実にこの法案が通る様、現在のセッションの終わる6月1日の翌日の6月2日に彼の法律訂正を延期することを選びました。法案(HB222)は、ポーカーゲームとトーナメントをテキサスロッタリー委員会の監督下で開くことを許可します。もともとの法案では、ローカルバーやレストランで開くことを許可すると記載されていたが、この項目を解除することによって新しい法案の可能性を広めることとなった。

下院議員のRick Perryはギャンブルを認めるどんな法案も拒否すると知っているので、Menendez下院議員は法案が木曜日の夜に下院カレンダーに載る前に、外交アプローチという選択をとった。立法者は法案について説明しました。彼は同じような法案を過去の3セッションで提出しており、それは人々がポーカーをプレーしている最中に、地元の警察に邪魔されないためです。しかし、彼は下院から100の投票を得られないと予想し、他の法案を現在のセッションが終わるまでに、緊急討論しようとしています。

今年のテキサス州での赤字は、ポーカーを広げるのに役立つ法案が通る可能性を上げています。オクラホマ、ルイジアナ、およびニューメキシコのカジノに人々が行ってしまうので、何百万ドルも州外に持っていかれてしまいます。しかしながら、連邦が数億の資金を提供して、賭博の法案を作成する支援をしてる予定です。州議会は2年おきに開かれます。つまり、次のポーカー法案が紹介されるのは2010年となり、テキサス州に法律が成立するのは最も早くて2011年の1月となるもようです。

More Stories

どう思われますか?