2009 WSOP イベント#14:Brock 't soprano' Parker Negreanuに勝ち越して優勝

2009 WSOP イベント#14:Brock 't soprano' Parker Negreanuに勝ち越して優勝 0001

2009 WSOP イベント#14 $2,500 シックスハンドリミットホールデムはあっという間に勝負が決まったが、多くのアクションも見れた。ラスベガスで夜中の0時になる直前に、最後のベットとコールがあり、そしてリバーとターンがめくられ、オンラインプレーヤーのBrock "t soprano" Parkerが初めてのWSOPブレースレットを手に入れた。

デイ3で最初に終了したプレーヤーはJimmy Tranだった。彼はほとんどのチップをプリフロップ出かけて、フロップの{9-Hearts}{6-Hearts}{4-Clubs}でベット、そしてターンの{3-Hearts}でオールインした。両方ともコールしたBarry Shulmanは{k-Diamonds}{q-Spades}を見せ、以外にもTranの{a-Hearts}{j-Diamonds}は現時点では勝っていた。しかし、リバーは不運にも{k-Clubs}でShulmanがトップペアで勝利。Tranは11位($12,197)でトーナメント敗退となった。

次に終了したプレーヤーはRobert Comoだった。Daniel NegreanuがA-9のトップペアで勝利し、Comoは10位 ($16,814)で敗退。続いてNikolay LosevのポケットキングがKyle Rayの{a-Spades}{7-Hearts}にリバーエースでまくられ、Losevは9位($16,814)で終了した。

Shawn Buchananが8位($23,179)でトーナメント敗退すると、1テーブルになった。しかし、正式なファイナルテーブルはJim Buckleyが7位 ($23,179)で終了した後だった。BuckleyとDaniel NegreanuとBrock Parkerの3人がプリフロップでベットとコールを交わし、{a-Hearts}{k-Clubs}{8-Clubs}のフロップを見た。Negreanuがチェックすると、Buckleyはベット。Parkerはレイズし、Negreanuはフォールドした。するとBuckleyはオールインし、Parkerは{a-Diamonds}{a-Spades}でコール。Buckleyの{a-Hearts}{a-Diamonds}セットは不運にも負けてしまった。Negreanuがチップリーダーとしてファイナルテーブルが開始された。

チップスタックとシートポジション状況は以下の通りだ:

シート1: Barry Shulman — 385,000

シート2: Daniel Negreanu — 786,000

シート3: Kevin Hong — 89,000

シート4: Tommi Horkko — 460,000

シート5: Brock Parker — 606,000

シート6: Kyle Ray — 429,000

ショートスタックだったKevin Hongは何回かオールインダブルアップに成功し、彼がKyle Rayを6位($31,966)でノックアウトさせた。プリフロップで全てのチップが賭けられ、Rayは{10-Hearts}{9-Hearts}、Hongは{k-Diamonds}{9-Spades}を持っていた。フロップは{j-Spades}{8-Hearts}{2-Hearts}でRayにストレートドローを与えた。しかし、ターンとリバーは{4-Hearts}{5-Spades}で、Hongがキングハイで勝利した。

次にBarry ShulmanがDaniel NegreanuとTommi Horkkoに対して、ビフォアフロップオールインをした。フロップは{j-Spades}{2-Spades}{2-Clubs}でHorkkoはベットし、Negreanuはフォールドした。Shulmanは{q-Clubs}{10-Clubs}のクイーンハイを見せ、Horkkoはポケットフォーを持っていた。ターンとリバーは{7-Clubs}{a-Clubs}で、Shulmanは5位($43,201)でテーブルを去っていった。

Kevin HongがBrock Parkerの5のセットに負けて4位($60,885)で敗退となると、続いてTommi Horkkoが3位で終了した。Horkkoの{a-Clubs}{8-Clubs}プリフロップレイズをDaniel Negreanuが{k-Hearts}{10-Clubs}でコール。フロップは{a-Diamonds}{10-Hearts}{4-Diamonds}でHorkkoは再びベット。Negreanuはスムーズコールした。ターンは{10-Spades}で今回はNegreanuがベットした。Horkkoはレイズし、Negreanuはリレイズ。するとHorkkoはオールインし、Negreanuはスリーカードでコールした。リバーは{j-Hearts}で、Horkkoは3位 ($89,660)でトーナメント敗退となった。

Negreanuはチップリーダーとしてヘッズアップ対戦となったが、Brock Parkerは波に乗っていた。数ハンドポットをお互いに取り合っていたが、ようやく最後のハンドが決まった。スモールスタックとなったNegreanuはParkerのレイズをコールし、{a-Hearts}{10-Spades}{6-Diamonds}のフロップを見た。NegreanuはParkerのベットをチェックレイズ。Parkerはリレイズするが、Negreanuは更にリレイズ。Parkerはコールした。するとターンの{4-Spades}でNegreanuはオールインし、Parkerは{a-Diamonds}{j-Spades}でコール。Negreanuは{k-Hearts}{10-Diamonds}のテンヒットで負けていた。リバーには{8-Spades}が落ち、Parkerが勝利した。Negreanuは惜しくも2位で終了し、$138,280を獲得。Parkerは初めてのWSOPブレースレットと$223,688を手に入れた。

More Stories

どう思われますか?