2009 WSOP イベント#5 $1,500 PLO: Jason Mercier Merciless 初めての優勝

2009 WSOP イベント#5 $1,500 PLO: Jason Mercier Merciless 初めての優勝 0001

アメリカ人はJason Mercierのことを良く知らないかもしれないが、彼の生涯獲得賞金はなんと$3,000,000にもなる。そして彼は今回$1,500ポットリミットオマハで優勝して、更に$230,000獲得した。たったの6ヶ月の間に彼はEPTサンレモとロンドンで開催されたハイローラーイベントで優勝し、バルセロナでもファイナルテーブルにも残ったのだ。そして、今回初めてのWSOPブレースレットを手に入れることとなった。

ファイナルテーブルの序盤はレイズが多く、フロップを見る事はあまりなかった。最初のビッグハンドは4プレーヤーがフロップに参加した。4-3-2(s)のフロップで、Tranが56,000のベット。Jason Mercierはフォールドするが、Chris Biondinoは残りの165,000チップをオールイン。Jonathanもフォールドするが、TranはコールしてK-6-6-5のストレートを見せた。BiondinoはJ-J-5-4でフラッシュドローを持っていた。そして、ターンで3枚目のクラブがボードに落ちて、Biondinoは415,000にダブルアップし、Tranは240,000にチップを減らした。しかし、9位で終了となったプレーヤーはParkだった。彼はストレートドローとフラッシュドローでオールインするが、GiannettiがK-K-Q-Qのオーバーペアでコールし、そのままGiannettiが勝利した。Parkは$22,053獲得した。

8位で終了となったのは先ほどチップを減らしたTranだった。TranはK-5-2のフロップで、MercierとBurkholderのレイズをリレイズオールインした。Mercierはフォールドしたが、Burkholderはコール。Tranは2のセットで有利な状態であったが、ターンでBurkholderが5のセットをキャッチし、Tranは8位($25,122)で終了となった。

Dario Aliotoが次のトーナメント敗退者となった。彼はチップリーダーのKevin Iacofanoとオールイン対決となり、KevinにトップペアをキャッチされたAliotoは7位($29,882)で終了し、テーブルを去っていった。

暫くのあいだプレーは落ち着いたが、ようやく次の敗退者がでた。4プレーヤーがJ-6-5のフロップを見て、フロップ後Jason Mercierが46,000のベットをした。2人のプレーヤーはフォールドしたが、Tareはレイズした。するとMercierはオールインを要求。Tareは悩んだ末A-A-6-5のツーペアでコールした。したしMercierはJ-J-8-4のトップセットを持っていた。ターンとリバーには何も落ちず、Mercierは1,200,000にチップスタックを増やした。Tareは$37,192の賞金を受け取って6位でトーナメントを後にした。

Mercierは更に次の2人のプレーヤーも飛ばすこととなる。Chris Biondinoはファイナルテーブルをショートスタックで生き延びていたが、ようやく運が尽きてしまい、Mercierのツーペアに飛ばされた(5位$48,553)。Giannettiもショートスタックでブラインドが10,000/20,000の時に、80,000のオールインをした。Mercierはキングハイのレインボーハンドで仕方なくコールするが、キングハイストレートをキャch氏し、Matt Giannettiは4位で敗退し$66,544獲得した。

3位で終了したプレーヤーはIacofanoだった。Steven Burkholderがプリフロップで60,000にレイズし、ビッグブラインドのIacofanoがコール。フロップはQ-T-5で、Burkholderは80,000のベット。すると、Iacofanoがポットベット(オールイン)した。BurkholderはQ-Q-9-4のセットでコールし、IacofanoはK-K-J-3のオーバーペアとストレートドローを持っていた。しかし、ターンとリバーで10アウツを引けなかったIacofanoは3位で終了し、$96,128獲得した。

ヘッズアップ開始時点、Burkholderは1,992,000持っており、Jason Mercierは1,650,000持っていた。ポットリミットオマハの経験が少ないと認めているBurholderだったが、ヘッズアップの序盤で3対2のチップリードを築いていった。しかし、経験者のJasonは中盤でフルハウスでビッグポットを勝ち取り、チップリードを奪った。そして数ハンド後に勝負が決まった。Mercierはボタンからリンプし、Burkholderが48,000にレイズ。Mercierはコールして、2人はJ-J-6のフロップを見た。Burkholderは110,000ベットするが、Mercierは285,000にレイズ。Burkholderは更にポットベット。すると、Mercierはリレイズオールインした。BurkholderはコールしてA-A-J-7のジャックのスリーカードを見せた。するとMercierもQ-J-8-2のスリーカードを持っていた。しかし、Mercierはキッカー負けしていたため、Q, 8, 2のどれかをターンとリバーでキャッチしなければならなかった。すると、ターンで見事にクイーンが落ち、Mercierはフルハウスをキャッチした。Burkholderのアウツはエースのみとなった。しかし、リバーにはキングが落ち、惜しくもBurkholderは2位($146,748)で終了。Mercierは優勝賞金$237,415と金のブレースレットを獲得した。

More Stories

どう思われますか?