2009 WSOP: イベント #16, Lisandro セブンカードスタッドで優勝

2009 WSOP: イベント #16, Lisandro セブンカードスタッドで優勝 0001

Jeffrey Lisandroはイベント#16 $1,500セブンカードスタッドで素晴らしいプレーを見せ、3時間半でファイナルテーブルを制した。Lisandroは優勝とともに、2007年$2,000セブンカードスタッドに続く2つ目のブレースレットを手に入れた。

プロの中でも良く知られているLisandroは、チップリーダーとして、ファイナルテーブルに突入した。そして彼は1位を見事に取り、優勝賞金$127,975を獲得したのだ。

Jeff Lisandroの優勝への道は容易ではなかった。彼の相手にはJohn Juanda (2003年のスタッドイベントを含む4つのWSOPブレースレット保持者)やRod Pardey (WSOPセブンカードイベントで2回優勝)もいた。セブンカードスタッドのファイナルテーブルで、3プレーヤーもスタッドのブレースレットを持っていることは稀なことだ。さらに2007年のスタッドイベントで2位を取ったNick Frangos、そして入賞経験のあるDaniel Studerも座っていた。

ファイナルテーブルが開始され始めの30分で一人目の脱落者がでた。Mitch Schock (8位-$13,373)は2番目のショートスタックとして、ファイナルテーブルを開始し、Nick Frangosのクイーンのスリーカードに負けた。続いて脱落したのはDaniel Studerだった。StuderのツーペアはJohn Juandaのフラッシュに負け、彼は7位で終了し$15,862手に入れた。そして、90分後にRod Pardeyの甥のEric Pardeyが6位($19,690)で終了した。

その後、ブレイクが入り残りの5人はブレースレットを目指して再びプレーを始めた。次にトーナメント敗退となったプレーヤーはJohn Juandaだった。Juandaのクイーンと8のツーペアはSteve Stencilのリバーキャッチフルハウスに負けてしまい、彼は5位($25,634)で敗退。続いてNick Frangosが終了。彼のハンドは{5-Hearts}{4-Spades}/{4-Hearts}{q-Hearts}{2-Diamonds}{9-Clubs}/{5-Spades}で、リバーでツーペアをキャッチしたが、Lisandroは{7-Hearts}{3-Spades}/{q-Diamonds}{a-Clubs}{j-Clubs}{7-Clubs}/{3-Diamonds}で、ハイツーペアでLisandroが勝利した。

Steven StencilはLisandroに徐々にチップスタックを削られていくと、最後はRod Pardeyに負けた。Lisandroは{2-Clubs}でブリングイン。Stencilは{5-Hearts}でコールし、Pardeyは{3-Hearts}でコンプリート。Lisandroはフォールドするが、Stencilはコールした。両プレーヤーはフォースストリートまでチェックするが、フィフスストリートでStencilがベットし、Pardeyがレイズ。Stencilはコールし、シックスストリートで{5-Hearts}{a-Spades}{9-Clubs}{j-Hearts}を見せているStencilは再びベット。すると、{3-Hearts}{j-Spades}{9-Hearts}{a-Hearts}を見せているPardeyはレイズし、Stencilはオールインコール。Pardeyは{k-Hearts}{q-Hearts}{4-Clubs}のエースハイフラッシュを見せ、Stencilはマックした。Stencilは3位($50,626)でテーブルを去り、359人の参加者はとうとう最後の2人になった。

Jeff Lisandroは3対1のチップリードを持って、ヘッズアップを開始した。そしてDavid Sklanskyに "世界で最も強いセブンカードスタッドプレーヤー" と名づけられた相手をたったの40分で倒してしまった。午後5:30に、Lisandroはエースハイダイアモンドフラッシュで勝負を決め、Pardeyは2位で$77,230獲得した。

Lisandroは$127,975手に入れ、WSOP合計獲得賞金を$1,931,857に増やした。

More Stories

どう思われますか?