2009 WSOP: #18 オマハハイロー Daniel Alaei 2つ目のブレースレット獲得

2009 WSOP: #18 オマハハイロー Daniel Alaei 2つ目のブレースレット獲得 0001

強いプレーヤーが集まる会場で3日間ポーカーをプレーし、ヘッズアップでScott Clementsを倒したのはDaniel Alaeiだった。彼はAnnie Duke, Daniel Negreanu, やSam Khouissが参加していたイベント#18 $10,000 ワールドチャンピオンシップオマハハイローで優勝し、ブレースレットと$445,898獲得した。

デイ3には17人のプレーヤーが戻ってきたが、ファイナルテーブルはあっという間に決まった。Toto Leonidas (17位), Alex Kravchenko (16位), Pat Pezzin (15位), Ted Lawson (14位)が初めのブレイクの前に終了し、ブレイク後にはVille WahlbeckがJohn MonnetteとSam Khouissに負けて、13位でトーナメント敗退となった。Wahlbeckは今年の$10,000スタッドチャンピオンシップと$10,000ミックスゲームチャンピオンシップの両方でファイナルテーブルに進出しており、今回の勝ちの$31,632も今年のWSOP合計獲得賞金に加えた。

Wahlbeckを倒したSam Khouissは12位($39,709)で終了した。彼は{a-Diamonds}{a-Spades}{4-Clubs}.でオールインし、{q-Hearts}{2-Spades}{6-Diamonds}{j-Clubs}{4-Hearts}のボードでローを消されてしまった。そして、Wahlbeckに続いてJacobo Fernandezが11位($39,709)で終了し、Cameron McKinleyが10位($39,709)で負けて、ファイナルテーブルが決定した。

チップスタックとシートポジションは次の通りだ:

シート1: Scott Clements - 1,445,000

シート2: Annie Duke - 225,000

シート3: Daniel Alaei - 540,000

シート4: Greg Jamison - 350,000

シート5: John Monnette - 940,000

シート6: Yueqi Zhu - 170,000

シート7: Tom Koral - 220,000

シート8: Ben Boyd - 855,000

シート9: Daniel Negreanu - 635,000

Yueqi Zhuがファイナルテーブルで最初に終了するプレーヤーとなった。彼はA-K-J-7でプリフロップレイズをし、JamisonとAlaeiがコール。フロップの{9-Clubs}{k-Hearts}{9-Hearts}でAlaeiがベットし、Jamisonはコール。するとZhuはリレイズオールインした。しかし、AlaeiもJamisonもコール。ターンで{q-Diamonds}が落ちてJamisonが再びベットするとAlaeiは落ち、JamisonはA-J-9-2の9のセットを見せた。リバーは{5-Clubs}でZhuは9位($54,179)でトーナメント敗退となった。

Annie Dukeは8位で終了して$58,049獲得した。彼女はGreg Jamisonのプリフロップオールインに対して、{a-Diamonds}{k-Diamonds}{q-Diamonds}{2-Diamonds}でオールインコール。そしてJohn Monnetteもポットに参加した。Jamisonは{a-Spades}{j-Spades}{5-Clubs}{3-Clubs}を見せ、Monnetteは{7-Hearts}{8-Hearts}{9-Diamonds}{3-Diamonds}を見せた。Monnetteは{2-Clubs}{3-Spades}{6-Hearts}{7-Clubs}のボードでツーペアをキャッチし、JamisonはA-5でローを獲得。ポットの一部分も獲得できなかったDukeはテーブルを後にした。

Tom KoralはDukeと同じくスリーウェイポットでトーナメント敗退となった。彼はDaniel NegreanuとJohn Monnetteと対戦した。Koralは{a-Diamonds}{5-Hearts}{6-Spades}{6-Clubs}{9-Hearts}のボードでオールインし、MonnetteとNegreanuは両プレーヤーともコール。ポットを全て取ったのはMonnetteの{a-Clubs}{k-Clubs}{10-Diamonds}{2-Hearts}のエースペアとキングキッカーでNegreanuの{a-Hearts}{q-Spades}{j-Spades}{3-Clubs}はキッカー負けしていた。KoralはK-K-4-4でフロップにエースが落ちた時点で負けており、7位($65,453)で終了となった。

少しチップを減らしたDaniel NegreanuだったがGreg Jamisonを飛ばしてチップを取り戻した。JamisonのプリフロップベットをコールしたNegreanuは、フロップの{k-Diamonds}{3-Clubs}{2-Hearts}でJamisonのベットをレイズした。するとJamisonはオールインしNegreanuはコール。Jamisonは{a-Hearts}{5-Spades}{3-Hearts}のトップツーペアを見せるが、Negreanuは{j-Spades}{4-Spades}{2-Spades}{2-Diamonds}でボトムセットを持っていた。ターンとリバーは{8-Diamonds}{a-Spades}で、Jamisonは6位($77,736)でトーナメント敗退した。続いて終了したのはJohn Monnetteだった。ショートスタックだった彼はスモールブラインドからオールインをし、Alaeiに負け5位 ($97,422)で終了となった。

Daniel Negreanuはこの数日間で2回目のファイナルテーブルとなったが、ブレースレットには届かなかった。NegreanuはScott Clementsのプリフロップレイズを{2-Hearts}{4-Diamonds}{9-Spades}{10-Hearts}でコール。そしてフロップの{3-Spades}{4-Hearts}{4-Clubs}でオールインした。Clementsは{2-Spades}{3-Clubs}{5-Spades}{5-Clubs}のストレートドローでコールし、幸運にもターンの{a-Spades}で見事にキャッチすると、リバーの{j-Spades}でフラッシュを完成させ、キッドポーカーNegreanuは4位($130,401)で終了した。

次に終了したのはショートスタックだったBoydだった。彼はフロップでジャックのトップペアをヒットしオールインするがScott ClementsとAlaeiがコール。ターンでキングペアをAlaeiにキャッチされ、彼は3位で終了し、$182,730獲得した。

Daniel Alaeiはチップリーダーとしてヘッズアップに臨んだ。そしてScott Clementsを2ハンドで倒してしまった。{a-Diamonds}{k-Clubs}{k-Hearts}{4-Clubs}を持っていたAlaeiと {a-Hearts}{5-Hearts}{3-Clubs}{2-Hearts}を持っていたClementsはプリフロップでオールインとなり、ボードは{9-Spades}{q-Clubs}{7-Clubs}{10-Spades}{k-Spades}で、AlaeiがClementsを2位 ($275,946)で倒した。2006年のdeuce-to-sevenローボールで優勝していたAlaeiは2つ目のゴールドのWSOPブレースレットと優勝賞金$445,898を手に入れた。

More Stories

どう思われますか?