2009 WSOP: Hansen HORSE イベント#49 でリード

2009 WSOP: Hansen HORSE イベント#49 でリード 0001

$50,000 ワールドチャンピオンシップ HORSE イベント#49のデイ2にはほとんどの参加者が戻ってきた。デイ1ではたったの4人しか脱落者がいなかったため、91人のプレーヤーがRioでWSOPブレースレットとChip Reeseのメモリアルトロフィーの為に戦うこととなった。そしてデイ2では約半分のプレーヤーが終了し残りは53人となった。そしてチップリーダーと飛び抜けたのはGus Hansenだった。

デイ2に脱落したプレーヤーの中にはJennifer Harman, Justin Bonomo, Greg Raymer, John Juandaがいた。John JuandaはDabid BachとScotty Nguyenの手によって倒された。Bachはアンダーザガンからレイズし、Juandaはレイトポジションからスリーベット。するとビッグブラインドのNguyenとBachがコール。フロップはA-T-7でBachはサイドポットにベットした。Nguyenはコールし、ターンは2だった。ターンではNguyenがレイズし、Backはコール。リバーのQで二人ともチェックした。Nguyenは5-4-2-4で7ローを持っており、BachはA-A-Q-8でトップセットを持っていた。Juandaはテーブルを後にした。

ディナーブレイク後には更に、Johnny Chan, Zac Fellows, Mike "The Mouth" Matusow を含む有名プレーヤーらが脱落していった。Matusowは6-2-T-4-T-4-Tのボードで負けた。その理由はこのゲームがラズだったからだ。2009年に3つのブレースレットを獲得したJeff Lisandroもトーナメント敗退となった。LisandroはJohn HenniganとFrank Kasselaに対し6ストリートでオールインしたが、KasselaはA-J-A-J-K-T-Tのツーペアを持っており、Lisandroは手ぶらでRioを去っていった。その他、Daniel Negreanu, Allen Kessler, Howard Lederer, Abe Mosseriなどがデイ2で敗退している。

Ray DehkharghaniはErick Lindgrenからチップを奪いビッグスタックの一人となった。Dehkharghaniはラズのゲームで毎回ベットし、Linidgrenは全てのベットをコールした。最終的にDehkharghaniは7-6-5-2-Aのセブンローを持っており、Lindgrenはデイ2で脱落することとなった。

643,000チップ集めたDehkharghaniはデイ2をセカンドチップリーダーとして終えた。一番チップを持っているのは誰もが知っているGus "Great Dane" Hansenで、686,000チップ持っている。この2人に続いてErik Sagstrom (560,000), Todd Brunson (549,000), Hasan Habib (490,000)がチップリーダーの地位を狙っている。その他にも2008年の優勝者Scotty Nguyen (463,000) や Frank Cremen (457,000), David Bach (451,000), Tony G (433,000)などもビッグスタックを持っている。

More Stories

どう思われますか?