2009 WSOP: Jeff Lisandro スタッドハイロー#37で3つ目のブレースレット獲得

2009 WSOP: Jeff Lisandro スタッドハイロー#37で3つ目のブレースレット獲得 0001

イベント#37 $10,000ワールドチャンピオンシップセブンカードスタッドハイローは午後4時に優勝者が決まった。勝利したのは今大会で2つ目のブレースレット獲得となるJeffrey Lisandroだ。彼は2週間前にイベント#16 $1,500セブンカードスタッドを優勝している。今回の優勝で、彼はBrock ParkerとPhil Iveyに並び今年2回目の優勝者となり、$431,656獲得した。

デイ3には164人中12プレーヤーが戻ってきて、ブラインドレベルは19だった。Lyle Berman(12位-$33,668), Scotty Nguyen(11位-$33,668), そしてPerry Friedman(10位-$41,885)が終了し、プレーヤーらはひとつのテーブルにブレイクした。しかし、公式のファイナルテーブルは8人からだった。ファイナルテーブルバブルボーイとなったのはAnthony Riveraだった。彼とYan Chenは最初の時点でオールイン対決となり二人のハンドは次のようになった。

Chen:A(s)-J/A-3(s)-4(s)-6(s)/5(s)

Rivera:T-T/9-5-T-3/K

Chenはフラッシュとシックスローをキャッチし、ハイもロー獲得しRiveraは9位($41,885)で敗退となった。ファイナルテーブルが決まり、Jeff LisandroやDoyle Brunsonを含むレベルの高いテーブルとなった。プレーヤーらはBluff Magazineでウェブストリーミングされるフィーチャーテーブルに移動し、再びプレーを開始した。

次に終了したプレーヤーはJustin Smith(8位-$54,896)だった。

Chen:X-X/T-T-Q-J/X

Smith:X-X/9-2-A-9/X

4ストリートでテンのペアをキャッチしたChenは、Smith以外のプレーヤーをベットで降ろす事ができた。両プレーヤーは5ストリートでチェックするが、Chenが6ストリートでベットしSmithはコール。Chenは再び7ストリートでベットし、Smithは長い間考えた後にオールインコール。ChenはJ-6-4のダイヤ3枚を持っており、ボードの2枚と合わせてフラッシュを持っていた。SmithはA-9のツーペアのみで8位でテーブルを去っていった。

Abe Mosseriにビッグポットを取られたDoyle Brunsonはショートスタックとなってしまった。そして彼はRouhaniとオールイン対決となった。

Brunson:K-Q/2-4-9-7/X

Rouhani:A-4/4-4-T-T/X

Rouhaniのフルハウスに対し、Brunsonにアウツは無くまたロードローも無かったため6ストリートで負けが蹴ってしてしまった。Brunsonは暖かい拍手に迎えられ$62,234獲得した。

ディナーブレイク後、プレーヤーらは90分間プレーしてようやく次の脱落者がでた。今日の最初誰よりも多くのチップを持っていたAbe Mosseriが全てチップを無くしてしまった。彼はMarianiとオールイン対決となった。

Mariani:9-7/9-6-7

Mosseri:7-Q/Q-5-2

6ストリートで9をキャッチしフルハウスを完成させたMarianiはハイの勝利が決定した。そして、Mosseriも8をキャッチしロードローとなった。しかし、リバー再び8でペアとなってしまい、Mosseriは6位で$74,258獲得となった。

次の脱落者は15分後にでた。Ya Chenは10,000ブリングインで入れ、予想された通り残りの19,000もポットに入れた。そして、Farzad Rouhaniが彼をコールした。

Chen:A-2/7-K-J-2/T

Rouhani:5-6/A-6-T-3/X

Rouhaniはたったのペア6でChenを終了させ、Chanは5位でトーナメント敗退となり、$93,513手に入れた。

Frank Marianiが次に終了するプレーヤーとなった。彼はレベル25の時にJeff Lisandroに飛ばされた。全てのストリートでベットを交わしていた両プレーヤーだったが、LisandroがA-9のツーペアでMarianiのペアキングに勝利した。Marianiは4位($124,684)で脱落し、テーブルを去っていった。

ヘッズアップになるのは更に90分後となった。Mike Wattelが4ストリートでJeff Lisandroのベットをチェックレイズオールインした。Lisandroは4ロードローとガットショットストレートドローでコール。Lisandroは両方のドローをミスすることとなったが、ツーペアをキャッチした。ペア7しかもっていなかったWattelは3位で負け、$176,605獲得した。

ヘッズアップはFarzad Rouhani(2,860,000チップ)対Jeff Lisandro(2,150,000チップ)となった。ヘッズアップの前半はRouhaniがずっとチップリードを保っていたが、後半はLisandroがリードしRouhaniが逆転することはなかった。デイ3が始まって13時間後、ようやく決着がついた。両プレーヤーは4ストリートでフォーベットし、5ストリートでLisandroのベットをRouhaniはオールインコールした。

Rouhani:A-5/2-3-T-2/K

Lisandro:2-6/6-T-T-K/5

Lisandroは最初から最後までリードしており、Rouhaniは惜しくもドローをキャッチできず2位($244,804)で終了となった。

今回の優勝でLisandroは3つ目のブレースレット獲得となった。彼は今まで11回のファイナルテーブル、29回のインマネ、そして合計獲得賞金$2,500,451と素晴らしい成績を残している。

More Stories

どう思われますか?