2009年 WSOP: デイ1D Advance Sellout Leaves Hundreds Out of Main Event

2009年 WSOP: デイ1D Advance Sellout Leaves Hundreds Out of Main Event 0001

2009年WSOPのデイ1Dが参加者の締め切りを発表したとき、参加しようとしていたプレーヤーたちのギャンブラーとして、最後の最後まで機会をうかがうくせが彼らの首をしめることとなった。デイ1Dの定員2,809人にすでに達しているという公式な発表にも関わらず、を立てたプレーヤーたちはイベントの開催されるRio All-Suite Hotel & Casino への宿泊許可を求めた。

20人近いHarrah'sとWSOPの関係者はRio Convention Centerで話し合いをしたが、多くのプレーヤーが望んだように宿泊は許可されなかった。かわりにWSOPの責任者であるJeffrey Pollackは多くの人がWSOPから締め出されてしまったという状況に遺憾の意をしめしたが、彼らを救済する措置はどれも実現不可能であるとした。

救済案の中には、翌日遅い時間に新たに残されたプレーヤーを含めたゲームを行いデイ2Bのグループに合流させるというものもあった。そのほかにもデイ1Eに参加されるなども考えらたが、やはりこれ以上のプレーヤーを参加させるスペースがないとして実行にはいたらなかった。デイ1Eで生き残ったプレーヤーは後日デイ1AとBから勝ち上がってきたプレーヤーとさらに大きなグループに参加するか、デイCやデイDに合流しなければならないので、WSOPのスタッフにはこれを管理するのは不可能であると判断した。

これらのプレーヤーが参加できなくなったのは、主に彼らがなるべく遅く始まるセッションに参加したいという強い希望による。デイ1Aにはわずかに1116人のみが登録し、デイ1Bには873人と参加可能人数の3分の1で程度だった。2008年よりも減った1,696,の参加者がデイ1Cに参加した。

多くのプレーヤーが参加できなかったものの、WSOPに関する情報は以下のようだ:

プレーヤー: 6,494 人

賞金総額: $61,043,600

優勝賞金: $8,548,435

賞金獲得プレーヤー数: 648人

More Stories

どう思われますか?