2009 WSOP メインイベント デイ8: Moonがリード Iveyもノーベンバーナインに残る

 0001

デイ8が短い日になるとは誰もが予想しなかった。デイ8にはPhil Ivey, Antonio Esfandiari, そして最後の女性プレーヤーLeo Margetsを含む27人のプレーヤーがRioに戻ってきた。そして、最後のポットをディーラーがプレーヤーに渡した時、Darvin Moonが圧倒的なチップリードを持っていた。

シート1: Darvin Moon - 58,930,000
シート2: James Akenhead - 6,800,000
シート3: Phil Ivey - 9,765,000
シート4: Kevin Schaffel - 12,390,000
シート5: Steven Begleiter - 29,885,000
シート6: Eric Buchman - 34,800,000
シート7: Joe Cada - 13,215,000
シート8: Antoine Saout - 9,500,000
シート9: Jeff Shulman - 19,580,000

Leo Margetsはデイ8最初の敗退者となった。彼女はA-7でWarren Zachekyのベットに対してリレイズオールインした。しかし、ZackeyはA-Tでコール。ボードは4-8-T-4-2となり、Margetsは27位($352,832)でトーナメント敗退となった。トーナメント序盤で終了したプレーヤーはJesse Haabak やFrancois Balmigere などがいる。

そして、次に終了したプレーヤーはあのマジシャンと呼ばれるAntonio Esfandiariとなった。彼は5-5でプリフロップレイズし、Steven Begleiterがコール。フロップの4-2-TでEsfandiariが最初にベットするとBegleiterはレイズした。しかし、Esfandiariはリレイズオールインし、Begleiterを悩ませた。数分考えたあとBegleiterはK-Tのトップヒットでコールした。ターンの6でEsfandiariは少しアウツが増えたが、リバーはAが落ちてEsfandiariはメインイベントから去っていった。彼は24位で$352,832獲得した。

Warren Zackeyは一時チップリーダーにもなったが、彼の運は尽きて22位($352,832)でトーナメント敗退となった。Ian TavelliがQ-Jでプリフロップレイズし、Zackeyが2-2でオールインした。Tavelliはコールして、フロップの6-8-Qでトップペアをヒットした。ターンとリバーは6-3で2をキャッチできなかったZackeyは終了となった。21位から18位のプレーヤーはJonathan Tamayo, George Caragiorgas, Tommy Vedes, Andrew Lichtenbergerとなった。

Zackeyを倒してチップを増やしたIan Tavelliだったが、彼も17位($500,557)で終了となった。彼はポケットナインでプリフロップレイズし、Steven Begleiterにリレイズされた。Tavelilはコールして6-4-2のフロップを見た。TavelliはBegleiterのベットをチェックレイズオールインするとBegleiterは即コールしてポケットキングを見せた。Tavelliはそのまま何もキャッチできずに負けてしまった。

トーナメントプロのLudovic Lacayは、序盤調子が良かったもののトーナメント中盤で敗退となってしまった。彼はShulmanのベットに対してポケットセブンでオールインし、ShulmanはA-Kでコール。フロップの9-K-5でトップペアをヒットしたShulmanに対して、Lacayはツーアウトをキャッチしなければならなかった。しかし、ターンとリバーは9-6でLacayは16位で敗退となり$500,557獲得した。15位にはNich Maimoneが終了し、プレーヤーはディナーブレイクに入った。

ディナーブレイク後、プレーヤーが敗退するペースは早くなり、次々と終了プレーヤーが出た。14位と13位にBen LambとJames Calderaroが終了すると、12位($896,730)にはなんと元チップリーダーだったBilly Koppが終了した。彼はプリフロップでレイズし、チップリーダーのDarvin Moonがコール。フロップはK-9-2だった。MoonがKoppのレイズをチェックコールした。そして、ターンの2が落ち、MoonがKoppのベットをチェックレイズすると、Koppが20,000,000以上のチップをオールインした。しかし、Moonはほとんど動揺せずにコールした。Koppは5-3のフラッシュを見せるが、MoonはQ-Jのハイフラッシュを持っていた。リバーは7でKoppはトーナメント敗退となってしまった。

11位にK-Tを持っていたJamie RobbinsがPhil IveyのA-Tにオールイン勝負で負けると、2つだったテーブルは1つに合体し、10位のプレーヤーが決まるまでプレーは続けられた。そして、バブルボーイは予想よりも早く決まった。Eric Buchmanがベットで入り、Darvin Moonがコール。するとポケットエースを持っていたJordan Smithがスモールブラインドからレイズした。BuchmanはフォールドするがMoonはコールした。8-4-2のフロップでSmithはMoonのベットをチェックレイズオールイン。すると、ポケットエイとを持っていたMoonは即コールした。Smithが生き残るには2アウツをキャッチしなければいけなかった。しかし、Smithはターンの5でストレートドローをキャッチするも、リバーはテンが落ち、Jordan Smithは10位($896,730)でバブルボーイとなった。

残り9プレーヤーとなり、ノーベンバーナインがようやく決まった。Darvin Moonが圧倒的なチップリーダーとなり、Eric Buchmanが約Moonの半分のスタックで2位となった。Phil Iveyはたった一人のブレースレット保持者で、ショートスタックの一人として残った。

More Stories

どう思われますか?